« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.29

BD-1ルート 04/11/28 浅間山林道、三廻部林道、秦野峠林道、丹沢湖、都夫良野

041128

□ルート 自宅-伊勢原-浅間山林道-三廻部林道-寄大橋-秦野峠林道-丹沢湖-都夫良野-山北-酒匂川青少年サイクリングロード-飯泉橋-国府津-R1-自宅

□走行距離 151Km

ポイント   ,時刻 ,距離
自宅     ,06:15,000.0
伊勢原    ,07:15,018.5
浅間山林道起点 ,07:48,025.0
浅間山林道終点 ,08:37,035.7
三廻部林道起点,09:35,048.0
秦野峠林道起点,10:23,055.5
秦野峠    ,11:05,060.6
最高地点   ,11:33,063.7
丹沢湖    ,11:52,069.6
三保ダム   ,12:43,082.0
都夫良野   ,13:45,093.9
山北     ,14:00,098.5
酒匂川飯泉橋 ,15:12,117.5
自宅     ,16:55,151.0

 今日は一人ツーリングなので厳しいコース設定とした。日の出前にスタートし、日没までには帰る予定。
 前半の浅間山林道、三廻部林道、秦野峠林道は大勢の方のレポートがあるので割愛しますが、最後の都夫良野越えは都夫良野トンネルの上をちょっと越えるだけだろうと思って詳しくチェックしていなかったため、予想外の200m以上の標高差と15%は越えるであろう急坂に完敗。
 帰宅は日没後になり日中は走りっぱなし、走行距離151Kmは自己最高。GPSログは別ページにUPします。

 夜はヘロハロフラホレ状態でした。

□今日の写真集
浅間山林道で鹿を見ました。(標識の左下の白いお尻)
2004_1128_081156AA_s.jpg

秦野峠林道で猿を見ました。
2004_1128_114753AA_s.jpg

丹沢湖でランナーを見ました。(丹沢湖マラソン大会)
2004_1128_120327AA_s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

火球を見ました。

今日20時前、帰宅途中に火球をみました。
南西空60度位の高さから、明るい鮮やかな緑色の光がスーと右下へ流れ、
2,3秒後に散り散りになるような感じで消えました。

火球を見るのはこれで3度目になりますが、今までで一番きれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.27

今朝の湘南海岸

 昨晩、寒冷前線の通過で強い風雨となりましたが、今朝はすっきりと晴れ渡り、湘南海岸からも箱根や富士山がはっきりと見えています。
 しかし、サイクリングロードはこのとおり。走行不能でした。

2004_1127_094318AA_s.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.25

続・LOROオリジナルBDロゴステッカー

シールを車体に当ててみてちょっとびっくり。
まず「rm」。ご覧の通り

2004_1125_202944AA_s.jpg

次に「BD-1」。ん
2004_1125_203057AA_s.jpg
書体が違いました。シールの方は斜めが強くなり、文字の線の出方も違う。
調べてみたら02モデルからこの書体になったみたいです、私のは01モデル。

次回へつづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

LOROオリジナルBDロゴステッカー

LORO CYCLE WORKSから発売された、BDロゴステッカーを購入しました。
色はミラーシルバー。「rm」と「BD-1」がそれぞれ2枚ずつです。
今のロゴは白色なのですが、あちこち傷ついているのでちょっとリフレッシュしたいなと。
付けたらまたレポートします。

2004_1124_222104AA_s.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

境川・引地川ポタ

 先週の土日、そして今日の祝日と3回連続近場でのポタリング。
 遅い昼食、ラーメン食べようと藤沢市役所近くの「半歩」(旧むつみ屋)へ行ったがリニューアル工事中でお休み。そこで川名まで南下して「ガキ大将」(家系ラーメン)へ行った。
 
 藤沢橋から境川サイクリングロードで北上する。俣野橋の少し先で西に向かい、坂を上って六会日大前駅を通り、引地川へ抜ける。引地川を下る頃にはもう日が傾きすっかり秋の夕方の雰囲気。

 あちこちでススキの穂が光り輝いていた。

2004_1123_145004AA_s.jpg須田牧場付近で、鴨々

2004_1123_150459AA_s.jpg午後3時なのに影の長さがもう夕方の感じ

2004_1123_150836AA_s.jpg柏山公園の木々

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.22

BD-1の上り坂仕様の話

 BD-1に乗り始めて3年たち、次第に峠や山に上ることが多くなってきました。購入時のチェーンリングは56Tですが、坂道では一番軽くしても辛いことが多かったため、去年の11月頃、56Tと42Tのフロントダブル(ギアチェンジは手がけで)にしました。BD-1Wにしとけばよかったと思っていた頃。
 その後、しばらく使ってみると、56Tにかけることはほとんどなく、42T側がメインで使用していたため、今年の5月から42Tシングルに変更しています。

 リングカバーはつけられないのではずしていますが、トップ側へ一気に変速するとチェーンが外れる事が多いので、簡易なチェーンガードを付けました。手元にあった金具とホースを締める金具かな?を使っています。
また、チェーンが少し長すぎ、特に輪行で折りたたんだときにたるんでしまうので、4コマ分短くしています。

 最後に、56Tと42Tでの速度換算表をまとめてみました。56Tと42Tでは、ほぼ変速2段分の違いが出ます。56Tでの7速=42Tでの9速、56Tでの1速=42Tでの3速になります。

 10%以上の勾配だと一番軽くして、なるべく足を動かすようにして上っていきます。以前のように力で上るより疲れにくくなり、午後になると足がへろへろになることもなくなりました。
 速い方はその分足の回転を早くすれば・・・ですがケイデンス100が精一杯な感じ。最高速度は30Km/h。

2004_1120_111408AA_s.jpg42Tチェーンリング取り付け状態

2004_0620_170007AA_s.jpgチェーンガード

041122frg.gif速度換算表

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.21

江ノ島周辺ポタと茅ヶ崎日帰り温泉

 昨日に続いて今日も近場をぷらぷらと。
 午前中は片瀬山を越えて腰越に下り、江ノ島からサイクリングロードを茅ヶ崎まで往復した。新江ノ島水族館はいつも人がいっぱいいる。海岸側からはイルカショーの観客席が見える。音楽が流れ、歓声があがっている。私はまだ入ったことがない。

 夕方、茅ヶ崎の日帰り温泉「湯快爽快」がリニューアルオープンしたので行ってきた。以前はスーパー銭湯だったが、地下1500mから温泉が湧き出て!天然温泉になった。「塩化物泉では日本を代表する名湯城崎温泉の約7倍の成分含有量」とのこと。露天風呂で源泉の表示の湧き口でなめてみたらたしかにしょっぱかった。
以前からは入場料も上がったが、その分、内部の施設は充実しているので満足した。「うたた寝之蒸窯」が気に入った。

2004_1121_101400AA_s.jpg江ノ島電鉄腰越駅から

2004_1121_102201AA_s.jpg江ノ島。12月オープン予定の日帰り温泉

2004_1121_102932AA_s.jpg新江ノ島水族館

2004_1121_103711AA_s.jpgサイクリングロードではマラソン大会

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.20

相模川下流ポタ

 10時、行き先を決めないで走り始める。引地川沿いを北上すると若干の向かい風である。国道1号新湘南バイパス藤沢インターから側道を西へ。バイパスの高架の下を走るので景色も開放感もないが、走るだけなら良い道である。
 文教堂書店のある交差点の先で右に入り、相模線踏切、大曲橋を渡ってすぐ左へ。雲が深くかかっている丹沢の山を正面にして進むと、左側に工事中の道路の橋脚が何本も並んでいる。新湘南バイパスからこれから向かう湘南銀河大橋へと続くのだが、一昨年・昨年からあまり進んでいない感じがする。
 県道46号を渡って工業団地の中を通ると湘南銀河大橋へ到着。橋の途中で斜張橋のケーブルを背景にBD-1の写真を撮る。(Blogのページの写真をこれに変更しました。)
 平塚市側に渡り、工場の中を少し通ってから堤防に上がる。(湘南銀河大橋から下流へは舗装された道はまだない)河川敷では少年野球が試合をしている。、また街側にはカート場があり、お父さんと小さい女の子が乗ったカートが結構なスピードと音を出してコースを周回している。
 馬入橋、東海道本線鉄橋をくぐり、須賀港をぐるりと回って進む。ここから釣り人の姿が多くなり、何本もの釣竿が並ぶ。湘南大橋をくぐって少し進めば相模川の河口に到着。河口付近は砂山となっていて自転車では行けない。
 港によってから、湘南大橋を渡り、いつものようにサイクリングロードを通って家に戻った。

2004_1120_110732AA_s.jpg湘南銀河大橋

2004_1120_113838AA_s.jpg相模川河口から江ノ島を見る

2004_1120_122719AA_s.jpgサイクリングロード(地震雲?飛行機雲?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

湘南 秋

2004_1113_150536AA_s.jpg

先週の土曜日の夕方。新江ノ島水族館近くの海岸の風景です。
いつも期待に反する「テキトー露出」モードのMYデジカメですが、
テキトー感が良い感じに撮ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

BD-1ルート 04/11/14 旧東海道で箱根と紅葉

ルート 自宅-湘南海岸CR-R134-R1-小田原-三枚橋-畑宿-元箱根-湖尻-仙石原-宮城野-鴨宮

走行距離 87Km

旧東海道の参考文献はこちら
東海道五十三次を歩く―歴史...Kodansha sophia books

041114
(*)藤沢-国府津間は省略

 ちょうど紅葉の時期なので箱根へ向かった。

 8:20出発。家からはまず湘南海岸に出る。空は雲に覆われているが、箱根の山々はうっすらと見えているので視界はそれほど悪くない。茅ヶ崎港のマクドナルドで朝食にしようと134号に出たが、以前にあった店は消えていた。
 湘南大橋を渡り、134号から1号に入る。相模川の手前のマクドナルドでようやく遅い朝ごはんにありつく。

 小田原市街を抜けて箱根湯本方面へ、風祭付近はいつものように渋滞している。11時頃、三枚橋で左折し旧東海道ルートに入り芦ノ湖へ向かう。このルートは昨年下ったことはあるが上りは始めてである。
 橋を渡るとすぐに急坂となる。奥湯本温泉まで温泉街の中を行き、須雲川付近でいったん下るが、すぐにまた急な上り坂。鎖雲寺ではお祭?太鼓の音と大勢の人々が見えた。
 畑宿の先から1kmで100m上る七曲になる。旧東海道ハイキングの人も多く見られる。自転車でカーブを上っていくと。彼らは階段を上ってさらに先へ進んでる。
 七曲を上りきり見晴茶屋、猿すべり坂、甘茶茶屋、お玉ヶ池とまだまだ上ってピークに達すると芦ノ湖が目に飛び込んでくる。

 13時まえ元箱根に到着。セブンイレブンで昼食を買い、海賊船の遊覧船を眺めながら湖畔で食べる。芦ノ湖の水量が多く、あふれそうになっていた。
 芦ノ湖左岸を北上。時折日差しも出てきて木々の色も冴える。箱根神社、箱根園を通り、箱根プリンスホテルの横から遊歩道へ。落ち葉が道一面を覆っている。箱根樹木園の横を通り湖尻に出て仙石原へ。長い下り坂では手がかじかみ、準備していた長手袋に変える。仙石原は写真のように一面のススキ。

 14時半頃、仙石原交差点から宮城野方面へ下る。紅葉は旧東海道方面よりこちらのほうが時期が良かったのかきれいである。宮城野からは足柄幹線林道へ行こうか迷ったが、このまま箱根湯本方面に下りることにした。
 宮の下の手前の展望台で早川を眺める。1号に合流し、宮の下温泉街に入ると車が渋滞し始める。ほとんど停車している車の横をスイスイと追い越していくが、バスの脇は狭くなっているので、側石を左足で蹴りながらすり抜ける。箱根湯本を過ぎてからはいつものように旧東海道を経由して小田原へ。

 鴨宮の湯快爽快で一風呂浴びた後、鴨宮駅へ。すっかり日が短くなり17時すぎでもう真っ暗である。鴨宮駅から辻堂駅までは輪行するのだが、今日は湘南新宿ラインがやってきた。乗車したのがちょうど中間運転席のところでここに自転車を置く。東海道線の3ドア車両はこの部分が座席なので、それに比べるとこの車両は自転車を置くには便利である。辻堂駅でもちょうどエレベータの場所でもある。

 買い物をして19時過ぎ帰宅。走行距離は89kmになっていた。

2004_1114_121213AA_s.jpg七曲の坂

2004_1114_124521AA_s.jpgお玉ヶ池

2004_1114_132257AA_s.jpg芦ノ湖と遊覧船

2004_1114_140309AA_s.jpg落ち葉に埋もれる芦ノ湖畔の遊歩道

2004_1114_142920AA_s.jpg仙石原のススキ

2004_1114_150121AA_s.jpg宮の下付近

2004_1114_181115AA_s.jpg湘南新宿ラインの車両で輪行中

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.11.11

BD-1ルート 04/11/07 やまゆりラインと心拍数

041107

自宅-花水川-日向丘トンネル-神奈川大湘南キャンパス-グリーンテクなかい-中井トンネル-中村川-鴨沢トンネル-大井松田カートランド-上大井-やまゆりライン-二宮-自宅

走行距離 73Km

先月に心拍計を購入して、西伊豆と伊東へ行った時に使ってみると、なるほど坂道を登るときには一気に心拍が増えるなと数値を見ながら楽しんでいました。
その後、ネットで心拍数と有酸素運動などのページを見ると、有酸素運動が可能な運動強度85%での心拍数は私の場合約160拍/分となっていました。 
そこで今日は心拍数を運動強度80%の155を超えないようにしながら、なるべく高い心拍数を保つように考えました。
自宅から湘南海岸サイクリングロード、R134の間はフラットで風もなかったため、ちょっとがんばっても130拍/分。ここから徐々に上り坂に入っていくと、足に力を入れると入れるだけ心拍数が上がっていきます。
中井町に入って急な上り坂に入ると150拍/分を超えるようになったため、力を調整しながら走りました。
上大井に出て、南へ下り、やまゆりラインへ入ると次第に疲れがでてきて、速度と心拍数の関係が前半とは変わってきます。速度は上がらないのに心拍数はいいリズムを刻みます。やまゆりラインの最後の上りでは「もうこれで最後だ」と必死に走ると160オーバー。

あとは二宮まで一度丘を越えれば、1号に出て自宅まではフラットな道。
トータル4時間走りましたが、走った距離を含めて考えると、それほどの疲労は感じませんでした。

でも午後買い物に行くときは、足の回転が確実に遅くなっていました。

2004_1107_101146AAs_s.jpg
大井松田カートランド

2004_1107_110614AA_s.jpg
やまゆりライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

BD-1の細工 ハンドル周り近況

現在のハンドル周りの状況です。2004/2時点ではこんな感じでした。その後、サイクルコンピュータを
こんなにしていましたが、今は、

・自作のGPSマウントをMINOURA ミノウラSG-200 スペースグリップMINOURA ミノウラSG-200 スペースグリップ(SWING GRIP)に変更しました。GPSのみ装着します。
・ハンドルの前にはリキセンカウルショッパーとかつけますので、メーター類はハンドル手前に。ミノウラのスペースバーの棒の部分のみを汎用金具に取り付けて、その金具をリキセンカウルのフロントアタッチメントのワイヤーに固定しています。
バーにはCATSEYEのサイクルコンピュータとBION ハートレートモニター FOCUSBION ハートレートモニター FOCUSをつけ、そのバーの下にリキセンカウルのサドルアダプターを付けて、リキセンカウル マイクロ150プラス [450810]リキセンカウル マイクロ150プラスまたは、リキセンカウル マイクロボトルバッグ [451774]リキセンカウル マイクロボトルバッグをつけています。

2004_1031_132435AAs_s.jpg

2004_1031_132501AAs_s.jpg

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.07

BD-1ルート 04/11/03 藤沢から伊東まで

041103

ルート 自宅-湘南海岸サイクリングロード-R134-R1-小田原-真鶴道路-真鶴-R135-湯河原-熱海-網代-道の駅伊東マリンタウン-伊東駅

距離 77Km

祝日。土日の天気が悪かったので、なんか久しぶりに走った気がしました。
まずはいつものようにサイクリングロードで湘南大橋まで。その後は寄り道をせずにR134からR1へ行きました。舗装が良くなり、路肩を走るのが非常に楽で、大型車も多くなくあっという間に小田原に到着。
真鶴道路に入り、真鶴で昼食。駅からちょっと坂を上ったお蕎麦屋さんに入りました。入り口前に猫が親猫1匹と子猫が2匹。イカの煮つけをサービスしてもらいました。

熱海から伊東まで、自転車での関門はいくつかのトンネルになります。
錦ヶ浦トンネル-短いのでがんばって走る。
赤根トンネル-トンネルは通らず旧道を走る。
新網代トンネル-トンネルは通らず。街を走る。
網代トンネル-車の合間を見計らってがんばって走るが、出口に行く前に後続の車に追い越される。
御石ヶ沢トンネル-長いががんばって走る。
新宇佐美トンネル-広い歩道があるので安心して走る。
この中ではなんといっても網代トンネルが問題なのですが、現在新道が工事中です。早く開通してほしいです。

伊東マリンタウンには14時過ぎに到着。シーサイドスパでのんびり繕いで、伊東駅から輪行して帰りました。

2004_1103_102854AA_s.jpg
小田原宿なりわい交流館 無料休憩所です。

2004_1103_132929AA_s.jpg
このルート最難関の網代トンネル。新道が工事中です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.04

BD-1の細工 缶ビール箱キャリー(2)

続きです。(コメントありがとうございました)
前回の補足を加えますと、この24本入りの1箱とは別に、ハンドルの前にショッパーミニもしくはマッチパックを付けて、そこに6缶パックを2つ入れています。

専用キャリーの製作で一段落着いたのですが、理想としては写真のようにBD-1のフレームの特徴を生かした「ミッドシップ」で運びたいと考えています。(後ろがごちゃごちゃしていてすみません)

2004_1102_230221AAs_s.jpg
(イメージ)

この方法でどうやって固定しようかと数ヶ月前から考えて、いくつか使えそうな部品も買ってみたのですが、今のところ決め手となる取り付け方が見つかりません。

キャリーの取り外しが簡単にできて、ビールを載せるときもスムーズに行え、安定して走行できるように。ひざが広がるので、がに股となるのは納得しています。

これができれば一気に2箱(48本)+12本 運べるじゃぁないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »