« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.28

BD-1の細工 輪行用コロの部品入手

 横浜の東急ハンズに寄ったところ、最近見かけなくなった「輪行用コロの部品」がありましたので少し買ってきました。

続きを読む "BD-1の細工 輪行用コロの部品入手"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.27

田代盆地

 函南町の地形図を眺めると、等高線がひしめく中に2つの小さな平地があるのが見える。
 南側にある大きな平地が東海道本線丹那トンネルの真上に位置する丹那盆地。そして3km北にある、南北1km東西0.4kmほどの小さい平野が田代盆地である。
 山の中に、ぽつんと存在している面白い盆地を知ったのは1年以上前になるが、今回ようやく訪れることができた。

続きを読む "田代盆地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷹ノ巣山トンネル

 熱海から函南を経由して三島・沼津を結ぶ熱函道路は、幹線道路なので交通量も多く、かつては有料道路でした。東海道線の丹那トンネルにあたる「鷹ノ巣山トンネル」は鷹ノ巣山の下を貫く長さが1268m、標高約400mにあるトンネルです。

 これまで自転車で走るのにはちょっと躊躇していていたトンネルでした。

 

続きを読む "鷹ノ巣山トンネル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

熱海の坂

相模灘から一気に駆け上がる急斜面にホテル・別荘が建ち並ぶ熱海は、「東洋のナポリ」と言われる。
「どうしたあんなところに建物があるのだろう」と思えるような場所にも、数多くの家があるわけで、そこに通じる道は最短距離で作られる。

で、このような感じに。

続きを読む "熱海の坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

05/02/26 ぐるっと熱海函南韮山山伏峠

050226

ルート
熱海駅(09:10)-来宮駅-丹那トンネル殉職碑-熱海梅園-つつじが丘-鷹ノ巣山トンネル(10:00)-丹那断層-酪農王国オラッチェ-軽井沢-田代-火雷神社(10:55)-月光天文台-函南駅(11:40)-岐れ道-韮山山木-韮山反射炉(12:30)-浮橋安野-大仁まごころ市場-山伏峠(14:55)-伊豆多賀-頼朝ライン-熱海駅(16:35)

距離 71km

 今日は単独走行。熱海近辺で走っていない道や気になっている場所を選んで組み合わせた。

続きを読む "05/02/26 ぐるっと熱海函南韮山山伏峠"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.02.20

先週の河津桜ツーリング

先週の南伊豆、河津桜まつり、みなみの桜と菜の花まつり、ツーリングの記録はこちらに掲載しました。
1日目 伊豆高原から岩地温泉
2日目 岩地温泉から下田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

BD-1ルート 05/02/12-13 南伊豆、2つの桜祭り

050212-13

2/12
伊豆高原-熱川-稲取-河津-下佐ケ野-峰山トンネル-婆裟羅峠-松崎-岩地温泉
70km

2/13
岩地温泉-雲見-マーガレットライン-波勝崎-伊浜-小浦-下賀茂-下田
46km

 今年初めての2日間ツーリング。近場で暖かいところへ行こうと目的地は南伊豆方面へ。ネットで調査するとちょうど河津と下賀茂でさくら祭りが開催中なので、この2ヶ所を含めたルートを設定しました。

詳細はこちらのページで
1日目伊豆高原から岩地温泉
2日目岩地温泉から下田


 開花の早い「河津桜」のシーズンとなり、桜祭りが開催中です。

 「第15回河津桜まつり」河津町 2/10~3/10

 「第7回みなみの桜と菜の花祭り」南伊豆町下賀茂温泉 2/5~3/10

2005_0212_124716AA_s
河津の桜

2005_0213_131933AA_s
下賀茂温泉の桜と菜の花

場所により違いがありますが、全体的には3分~5分咲きでした。来週・再来週が見ごろになると思います。

★宿泊先「岩地温泉 民宿海光苑」さんのページで「BD-1がやってきた」のタイトルで紹介していただきました。

★同じ日に自転車で河津を訪れた方の旅行記はこちら。『富士日誌 「河津桜〜修善寺(前編)河津桜まつりを満喫」』
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.07

昨日の湘南海岸

2005_0206_123742AA_s

長引いた風邪もようやく回復しました。昨日の日曜日、ぶらりといつものように海岸へ。砂山がなくなってしまったところでは防砂柵が新たに作られるようで、写真のように杭がずらりと並んで立てられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »