« 輪行コロの歩み(3) | トップページ | 輪行コロの歩み(5) »

2005.06.16

輪行コロの歩み(4)

 Type-2はその年(2003年)の夏の北海道ツーリングにも使用した。そして10月になり現在の形となるType-3となる。

 Type-2の問題点は、幅がやや広く、ペダリングでかかとがあたる恐れがあること、そして、車輪径が小さいため、凸凹のところでの走行性が悪いことである。

 そこで、車輪を大きく薄いタイプに変更し、長いボルトで支持する方式としたType-3ができあがった。

【2003年10月 Type-3デビュー 支持金具はまだ1枚】
2003_1004_121459AA_s

 当初は支持金具が1枚であったが強度が不足しており、1~2回輪行するとすぐ曲がってしまったので、支持金具を2枚重ねにしたType-3Bとした。

 このType-3Bは1年半後の現在でも活躍中である。50回以上の輪行を重ね、強化した支柱も曲がり、車輪を支えるボルトも少し曲がってはきたが、大きな改良を行う必要がないということは、一つの形としてまとまった結果だと思う。

 しかし、「自転車を転がして運ぶ」という目的のためには、大切なことがもう一つ残されていた。


【Type-3B 現役】
2005_0616_214654AA_s

【Type-3B 現役 支持金具がだいぶ曲がりました】
2005_0616_214724AA_s


輪行」カテゴリの記事

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12335/4582905

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行コロの歩み(4):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。