« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.26

05/06/26 日向林道・仁ヶ久保林道

050626

ルート 中央林間駅-座架依橋-中津川-小鮎川-森の里-七沢森林公園-坊中-クアハウス山小屋-日向林道-仁ヶ久保林道-大山街道-鶴巻温泉-平塚-湘南海岸CR-自宅

走行距離 64Km

 日向林道と仁ヶ久保林道の情報を、しまださんのページで知り、大山付近ではこの区間が未踏地域だったので、さっそく行くこととした。
 
 ちょうど、しまださんの主催でツーリングが行われるとのことで、参加表明をしようかと思っていたのだが(しまださんとは面識がないのですが、Kさんが参加されるとのことだったので)、集合時間に不安があったのと、どうせ行くのなら周り道をして行こうと思い、中央林間出発のコースを計画した。(昼食時に出会えればよいなと思っていました。)

 中央林間のモスバーガーで朝食を摂ってから出発。相模川、中津川、小鮎川と渡りながら西へ進む。うす曇なのだが、とてもとても蒸し暑い。コンビニでお茶や、初めて見たペットボトル入りのカチワリ氷で水分を補給し、次第に登りに差し掛かってゆく。このころには暑さに体がまいってきた。

 森の里から七沢森林公園のトンネルでで七沢までいったん下ったところでルートの再検討。計画ではここから登って日向薬師の上へ出る予定だったが、あっさりと変更、リハリビセンター、浄水場で坊中へ出る。

 ここからの予定では日陰道を行くつもりだったが、ここもあっさりと変更、日向道をそのまま登る。

 休み休みながら16%の激坂を登ったところで、ようやくクアハウス山小屋へ到着。
 ここでだましのしまださんのツアーに追いつく。到着したときにKさん(菊次郎さん)が気が付いてくれてお互いに手を振って挨拶。

 ざるそばを食べ、水を3杯お替りして、さらに氷入りのペットボトルに水を入れてもらって、涼しい部屋の中で一息つくと元気を取り戻してきた。
 食事後、キャンプ場まで一緒に走った後、皆さんとは別れて日向林道に入った。

 登山の方とすれ違いながら日向林道を登り、仁ヶ久保林道との分岐点に到着。GPSの画面では日向林道終点に線が引かれていたが、迷うことなく仁ヶ久保林道に向かう。
 ここからは下り坂、木陰に助けられ、やや涼しい風を受けながら気分良く走ることができた。しかし、大山街道に出て、東名高速に当たる頃には、また体の中にまで暑さが入り込んできた。

 ここからは以前に走ったことがあるので、ちょっと元気を取り戻して、「鶴巻温泉弘法の里湯」へ。
 一風呂浴びて、ちょっとビールをいただき一休み。あとは適当なルートを進んで平塚経由で帰宅した。

 今週末から3日間のツーリングに行く予定で、今日はそのトレーニングも兼ねるつもりだったが、十分すぎる一日であった。

2005_0626_105158AA_s座架依橋付近の水田で白鷺を見る。

2005_0626_112910AA_s小鮎川

2005_0626_124354AA_s16%の激坂を登る

2005_0626_132358AA_sしまださんたちと一緒に

2005_0626_134724AA_s日向林道で

2005_0626_135148AA_s木陰で休みながら登ってゆく

2005_0626_135840AA_s仁ヶ久保林道入口のダート。でも走りやすい

2005_0626_135904AA_s標識が多い

2005_0626_140007AA_sすぐきれいな舗装道路になる

2005_0626_140333AA_s視界が悪い。これが蒸し暑さの素?

2005_0626_161605AA_s平塚の田んぼでは鴨がいた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.23

続・輪行コロの歩み(1)

 輪行コロの話は前回で終わろうとしたのですが、かいちさんのblogを受けてちょっとだけ続けます。

 取っ手ですが、しばらく使っていると取り付け部分の金具がスポンジグリップを破ってきてしまいました。
2005_0622_223009AA_s

 そこで破れた位置の場所を変えたり、チューブを反転させてきたのですが、あちらこちらでボロボロ穴だらけとなってきました。
2005_0622_222908AA_s

 とりあえず、先端にゴムチューブをかぶせて見ました。これでしばらく様子見です。
これで取っ手のがたつきが少し良くなるかなとも期待はしているのですが(^^)
2005_0622_223136AA_s

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.20

輪行コロの歩み(7) - 終

 最後に、輪行コロのちょっとした話、最近の状況などを紹介します。

-------------
★Yahooオークションに出品★

 2004年5月に、輪行コロ(Type-3C)と取っ手のセットでYahooオークションに出品してみた。「買う人入るのかな?」とちょっと不安だったが、スタート価格を部品原価として設定したところ、スタート価格+500円位で落札された。
 2回出品して落札かれた御二人の方に発送したが、実際に使われているかどうかは不明である。

 blog記事 「【ヤフオク出品】BD-1用輪行用コロと取っ手(自作)」


-------------
★Markus Riese氏に実演★
 
 2005年3月、BD-1の開発者のMarkus Riese氏が来日され、荒川サイクリングに参加されるkとのことを聞き、私も初参加した。そして休憩場所で輪行コロの実演をした。

 blog記事 「Markus Riese氏 輪行コロを見る」

-------------
★輪行コロを作る方々★
 
 輪行コロを自作される方が現れてきた。
 「参考にしました。」と言われると、とても嬉しいものである。

 blog記事 「輪行コロニュース」

-------------
★ビッグマウスを変更★
 先日、工具入れに使用していたビッグマウスをリクセンカウルのマイクロシェルへ変更した。
 アダプタを付けたことにより、取り外しが簡単に行えるため、空港のセキュリティチェックの時には便利になると思う。

-------------
★Type-4の開発中★
 現在、Type-4の開発中である。これまでの問題点、反省点を見直し、シンプルに、軽量化、部品のコストダウン、見た目かっこよく、などなど検討してプロトタイプを製作した。

【Type-3C(左)とType-4(右)】
2005_0620_210706AA_s

 構造は支持金具にアルミパイプを使い、取り付け部分を加工した。コロはType-3Cのものをそのまま使用している。重量は290gから165gに軽量化。部品代も\1,500だったものが\500位になる。(数台まとめて作れば)
ただし、加工の手間が大幅に増えている。
 現時点ではまだまだ問題点が多く、実際に使用し始めるには多くの改良が必要である。


-------------
おわりに

 7回にわたり、「BD-1輪行コロ」について書かせていただきました。連載はここでいったん終わりますが、また、新しいツールができましたら、こちらで紹介させていただきます。

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.18

輪行コロの歩み(6)

 あざBD(グラファイト)は、2003年5月に自立用金具を付けてから半年以上変化はなかった。

 ねこBD(赤)のコロがType-3までバージョンアップされても、あざBDの方は輪行時はまだ手持ちでホームを運んでいた。しかし、Type-3がだいぶ安定してきたのを見て、付けてみようかという気になった。

 付けるにあたっては、そのままType-3をコピーしても面白くない。2台をぼんやりと眺めているうちに、「2輪じゃなくて1輪でもいいんじゃないの?」となんとなく思い立った5分後、「1輪輪行コロ」は完成した。Type-2に使用したキャスターを一つ支持金具に付けただけである。

【2003/12 1輪輪行コロ】
2003_1213_125548AA_s

 さっそく実戦投入した。結果、「ものすごく扱いづらい」。すぐ左右に倒れようとするので、手首で取っ手を渾身の力でひねり安定させる。サイクリングに行くのに手が一番疲れてしまうのだ。

 輪行コロとしては未熟な「1輪コロ」だが、ここでまたちょっとした思い付き。この1輪の上に物を載せることとした。シートクランプに取り付ける泥除けの金具を使ってビッグマウスを取り付けて工具入れとした。
 この方法のミソは、リア部分がスイングしても、コロは前後に移動するのでビッグマウスにまで影響しないことである。(実際には若干の影響はあります)

【2004/01 1輪輪行コロにビッグマウスを載せる】
2004_0131_142018AA_s

 折りたたみ時には、そのままぶら下がる。

【2004/01 1輪輪行コロ折りたたみ状態】
2004_0124_211250AA_s

 さて、肝心な輪行については、その後も「練習を重ねればうまくなるんじゃないか」と、かすかな期待を残して、何回か1輪での運搬に努力してきたが、とうとう諦めをつけるときが来た。2004年6月、あざBDは2輪化に改修された。

【2004/06 輪行コロ2輪化】
2004_0620_165938AA_s

 あざBDの2輪化により、基本的な構成はこの時点でひとまず落ち着くこととなる。

 しかし、イベントはこの後も発生する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

輪行コロの歩み(5)

 輪行コロを使って運ぶときは、ハンドル側のどこかを持つ必要がある。

 ちょうど持つ位置にあるのはハンドルの折りたたみ部分。しかし、ここを直接つかんで運ぶのはちょっとつらい。そこでまず考えたのは紐を前部につけて持ち上げて転がそうとしたのだ。

 ちび輪バッグの紐をハンドルにつけて持ち上げるが、歩き出すと非常に不安定で、あっちでバタン、こっちでバタンという具合だった。
 コロType-1からType-3まで変化している間こんな状態だったが、それでも持って歩くよりは楽になった。

 問題点は、自転車の大きさに比べて輪行コロの幅が小さいからだが、前に書いたようにサイズの限界がある。これを解決するにはスーツケースのように、本体と一体となる取っ手をつける必要があると思っていた。

 そして東急ハンズで「Sカン」という金具を見かけた。小さいほうの円のサイズがちょうどBD-1のフレームの大きさに合っていそうだったので、買うことにした。ただこの細さでは持ちづらいので「スポンジグリップ」というスポンジのチューブをかぶせることとして、同時に購入した。
 
 家に帰り、Sカンにスポンジグリップをかぶせて自転車に取り付ける。Sカンの開いているサイズがフレームサイズよりわずかに小さいため、「グイッ」と力を入れるとスポッとフレームはまった。

 取っ手Type-1は2003年12月デビューした。

【Sカン(写真右)にスポンジグリップを差し込んで完成(写真左)】
2005_0617_204827AA_s

【取っ手Type-1 2004年1月】
2004_0124_211311AA_s

【折りたたみ時の状態 2004年1月】
2004_0124_211240AA_s

 取っ手Type-1はその後改良もなく変化していない。もう少し自転車との剛性が高まればいいなと思っていて、東急ハンズやホームセンターに行ったときに、棚をながめつつあれやこれやと考えているのだが、まだまだいいアイデアは出てこない。

 さて、ここまで(1)~(5)までで、ねこBD(赤)についてそのストーリーをまとめてきた。

 しかし、あざBD(グラファイト)は、また違ったコンセプトから進められきて、違った進化をすることとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

輪行コロの歩み(4)

 Type-2はその年(2003年)の夏の北海道ツーリングにも使用した。そして10月になり現在の形となるType-3となる。

 Type-2の問題点は、幅がやや広く、ペダリングでかかとがあたる恐れがあること、そして、車輪径が小さいため、凸凹のところでの走行性が悪いことである。

 そこで、車輪を大きく薄いタイプに変更し、長いボルトで支持する方式としたType-3ができあがった。

【2003年10月 Type-3デビュー 支持金具はまだ1枚】
2003_1004_121459AA_s

 当初は支持金具が1枚であったが強度が不足しており、1~2回輪行するとすぐ曲がってしまったので、支持金具を2枚重ねにしたType-3Bとした。

 このType-3Bは1年半後の現在でも活躍中である。50回以上の輪行を重ね、強化した支柱も曲がり、車輪を支えるボルトも少し曲がってはきたが、大きな改良を行う必要がないということは、一つの形としてまとまった結果だと思う。

 しかし、「自転車を転がして運ぶ」という目的のためには、大切なことがもう一つ残されていた。


【Type-3B 現役】
2005_0616_214654AA_s

【Type-3B 現役 支持金具がだいぶ曲がりました】
2005_0616_214724AA_s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.15

輪行コロの歩み(3)

 折りたたみ時の自立用補助金具を取り付けて間もなく、この金具にコロを付ける試みが行われた。

 BD-1に付けられた支え金具に長さ15cmほどの補助金具を取り付け、その両端にキャスターを付けた。BD-1輪行コロの試作1号機、以降[Type-1]とする。当時の実物写真は撮っていないので、ガラクタ袋から当時の部品を探し出して復元してみた。

【Type-1 復元写真】
2005_0614_202833AA_s

 Type-1で使ったコロは、いすとか小さいテーブルに付けられているような、首が360度自由自在に回るものである。早速BD-1に取り付けて試してみる。

 しかし、この首振り機能が災いする。引き始めのときに車輪が進行方向に向くまで、あらぬ方向に進んでしまうのだ。止まったときも、自転車の傾き具合によっては、また首を振ってしまう。
 
 こうして自宅での数分間の試験が行われたが、Type-1は実際に使用されることはなかった。

-----------------------
 
 Type-1の問題点から、固定式のキャスターに変更したType-2にバージョンアップ(^^)。

【Type-2 復元写真】
2005_0614_203035AA_s

 大きな問題はなく。Type-2は2003年5月24,25日 川口-荒川-森林公園-熊谷(泊) 熊谷-川越-多摩湖-立川の一泊ツーリングで実際に使われることとなった。

その時の写真は数少ないが残されていた。

【2003年5月25日 Type-2の実写写真】
2003_0525_105636AA_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

輪行コロの歩み(2)

 話はBD-1を購入したときにさかのぼる。

 2001年9月1日にBD-1が我が家にやってきて、1週間後には、自宅から境川を走って小田急線東林間駅から「初めての輪行」を経験した。

 そして9月23日には「多摩サイ」デビュー。川崎駅から関戸橋経由で小田急線黒川駅まで走り。ここから多摩センターで京王線に乗り換え橋本駅でJR相模線に乗換えなのだが。

 橋本駅での京王線からJR線への乗り換えは駅構内を延々と歩かねばならない。私はそうでもなかったが、小柄なねこBDの方は持ち歩いて数百mも歩かなければならない事がとてもつらく厳しかったのである。

 かくして翌週には「BD-1純正キャスターキャリア」がねこBDに取り付けられることとなった。

【2001年10月宮ケ瀬湖にて】
 2001_1020_121831AA_s

 しかしながら・・・

 確かに平らなところでは転がすことはできるが、若干中腰の姿勢で押してゆくこととなり、快適な方法とはいえない。しかも階段で持ち上げて運ぶ際には、キャリアの重量分余計な負荷を負うこととなる。

 サイクリング記録を振り返ると、この装備で十数回輪行を経験しているが、翌2002年春には、このキャリアは取り外されていた。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪行コロの歩み(1)

 BD-1用輪行コロを製作される方が増えてきて嬉しいかぎりであるが、ふと、最初の頃はどうだったんだろうと思い、過去の写真をさかのぼってみた。

 発見したのは2003年5月4日の写真、2年前になる。5/3~5/4で千葉に1泊ツーリングに行ったときの写真だ。
5月1日の写真には写っていなかったので、5/2に作ったものだと思う。

 このときは輪行コロではない。折りたたみ時にいまいち安定して立たなかったので、支え用として東急ハンズで適当な金具を探し、それにゴム足をつけて、BD-1に取り付けた。金具のRのくびれ部分がちょうどフレームにあたり、左右の支えとなったのは偶然であった。

 この支え金具に金属バンドをわっかにしたものを取り付け輪行袋ホルダーとした。折りたたんだときに、このホルダーの中をシートポストが通るのが気に入ったし、走行時の写真を見ると、輪行袋がすっきりと収まっている感じがする。

 製作当初の目的だった折りたたみ時に安定して立たない問題も、実際はシートポストがあたるゴム板の調整で解決するものであるのだが、その頃はそんな知識がなかったことが逆に良い結果となったのかもしれない。

 と、いろいろ思い出してくるが、まずはここがスタートだった。

【2003/5/4当時の写真です】

2003_0504_075530AA_s

2003_0504_075553AA_s

2003_0504_113323AA_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

タイヤ交換その後

 先週失敗した、ねこBD(赤)のタイヤ交換ですが、昨日再度トライしたところうまくいきました。

 やり方を変えた部分ですが、ビートをはめていって手でははめられなくなったところで、タイヤレバーを両脇に差込みます。そしてレバーを指した状態のまま少しずつ中央へずらしてゆき、残り少なくなったところで最後にその中央をレバーでリムに入れこんでみました。

 空気を90psiまで入れ、1時間ほどしてから確認して大丈夫だったので、自転車に取り付けて完了。

 あざBD(グラファイト)のチェーンも約1年ぶりに交換。およそ6000km使っていました。交換したところ最近クランクを回すときにシャリシャリ音がしていたのがすっかり無くなりましたね。

 
 夏休みに向けて、他にもいろいろいじっている最中です。

-------------------

 話題は変わって。
 片瀬海岸では海の家の建築中です。

2005_0611_130523AA_s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.07

シュワルベ・マラソンへのタイヤ交換

できなかった。

土曜夜のお話。

ねこBD(赤)についているMAX-BIRDYをシュワルベ・マラソンに交換しようとしたのだが、ビートが固い固い。ビートワックスを塗って金属製のタイヤレバーでなーんとか装着して空気を入れたのだけれど、しばらくしてタイヤに触ってみたらペコペコ。見事にパンクしていました。・・・補足しますと前輪も後輪もです。

以前にもおんなじことをやらかしていたので慎重にしようとしていたのだけれど。タイヤのあまりの固さに強引に突っ走ってしまった感があり。予備のチューブもなくなってしまったので、MAX-BIRDYに戻してはめなおしました。こちらはすんなりとはまりました。

あざBD(グラファイト)はすでにシュワルベ・マラソンなのですが、こちらはホイールをタイヤ付で購入時していましたので、初挑戦だったのですが結局は玉砕。

このままでは、サイクリング中にいざパンクしたときに困ってしまうので、今度の週末に再挑戦するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

最近の湘南海岸

先週の日曜と今日、江ノ島方面へポタリング。
江ノ島橋を渡り、江ノ島アイランドスパから左、土産屋の間に入ると写真のような細い路地を進みます。あちらこちらに猫がいっぱい。
駐車場の中をぐるりと回って灯台でUターン。ヨットハーバーを横にメイン道路に出るのがいつものパターン。

2005_0529_135414AA_s江ノ島の路地


2005_0529_135455AA_s猫1


2005_0529_135611AA_s猫2


2005_0529_135737AA_s猫3


2005_0529_141606AA_sカヤック


2005_0605_151620AA_sヨット1


2005_0605_151816AA_sヨット2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

輪行コロニュース

「@つれづれ えんすぅ日記@」Danjunさん。
BIKE FRIDAYポケットシリーズ接地防止用フレームの製作。

「改ページ」かいちさん。
「BD-1輪行用コロ2号機」完成です。

いずれもすばらしい仕上がり状態です。ぜひご覧ください。

さて、輪行コロ情報なので私のほうからは以下の写真で。
2005_0521_063414AA_s

輪行袋にコロを通したときの写真です。袋には長さ10cmほどの切れ目を入れて、簡単にほつれ防止をしています。長すぎると運搬時に車輪に袋が巻き込まれることがありますので、コロを通すのに必要な長さだけ開けています。
輪行時に自転車を袋に入れるときは、まずここにコロを通してから袋を持ち上げながらファスナーを閉じていきます。写真には写っていませんがフロントスプリングのあたる場所や、底部の一部は運搬時に擦り切れていきますのでガムテープで補強しています。

輪行を便利にするツールの情報。お待ちしています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »