« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.27

05/11/26 矢熊峠・達磨山林道

ルート 函南駅-南箱根ダイヤランド-市民の森-大見川-矢熊峠-吉奈温泉-達磨山林道-大仁-函南駅
距離97km
GoogleMapで見る

今日は修善寺周辺の気になっていたコースを巡ることとした。一つは玄岳西側に広がる別荘地から南下して修善寺に至るルート、次に矢熊峠または国士越、そして西伊豆スカイラインの東側の達磨山林道である。

矢熊峠か国士越の選択は、標高が低く総距離も短くなる矢熊峠としても、だいたい90kmくらい。
標高差600m、350m、550mの3つのピークを越える、ちょっと走りがいのあるルートとなった。

日没が早いので朝は早めの出発として、辻堂6:12発で輪行し、函南駅を7:25出発。

続きを読む "05/11/26 矢熊峠・達磨山林道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

05/11/23 足柄峠・明神林道

山北駅-足柄駅-足柄峠-地蔵堂-黒白林道-明神林道-矢倉沢-報徳橋-国府津駅
63km
GoogleMapで見る
(これまでの距離5kmごとに追加して、登り区間の標高100m毎ポイントを追加しました。)

今日はソロ。足柄駅から足柄峠と、地蔵堂から黒白林道-明神林道-矢倉沢へのルートを目的とした。

2005_1123_094336AA_s


足柄駅からいきなり登りはじめるのもつらいと思って、スタートは山北駅から。ここから御殿場線に沿って足柄駅までウォームアップする。

2005_1123_095935AA_s


山北駅から西へ向かうとR246にぶつかるが、すぐ右へ入るとR246旧道に入る。酒匂川左岸のこの道は車もほとんどなく気持ちよく走れる。
東名高速、新都夫良野トンネルに繋がる高架橋をくぐると谷峨駅からのハイキングコースとなるつり橋の先の道に出る。
丹沢湖から流れる河内川の橋を渡ってR246へ戻る。途中で丹沢湖へ向かうバスとすれ違う。

2005_1123_105621AA_s


駿河小山駅の先で右岸に渡り、線路沿いに登り基調の道を走るとやがて足柄駅へ。コンビニで水と昼食を補給する。
2005_1123_111328AA_s


足柄駅から県道78号御殿場大井線で足柄峠へ登ってゆく。緩やかな坂とちょっと急な坂が繰り返す感じだ。一部区間のみ写真のように道幅が広いが、ほとんどは1車線ほど幅。でも車も少なく楽に走れる。ほとんどが木に囲まれて展望は効かないが、2・3ヶ所で御殿場方面に開けた場所があった。
足柄駅から別ルートで登る道(こっちがメインルートか?)と合流すると、道端に石碑やなんやらが出てきて峠に近づいた雰囲気がする。

2005_1123_114850AA_s


程なく足柄峠に到着。広場で休憩。ここから見えるはずの富士山は雲にすっかり隠れていた。

2005_1123_120407AA_s


ここから地蔵堂へは前も走った道を下る。カーブがきつい場所が多く、ブレーキに気を使う。途中で写真を撮りながら

2005_1123_120835AA_s


地蔵堂から登り返し、黒白林道へ入る。

2005_1123_121958AA_s


黒白林道は1.4kmの短い林道。終点で明神林道へ出る。右へ行くと上って金時トンネルへ。左が下りでこれから向かう方である。
2005_1123_123047AA_s


谷へ下ると狩川を渡る川入橋に着く。ここからさらに下ってへ向かう。途中の矢倉沢への分岐点があるのだが、GPSが森の中のため位置測定がままならず、あらかじめ設定していた分岐点を通り過ぎてしまった。往復2kmほどミスコース。
分岐店まで戻って、ここからガタガタの道で関場へ下って県道84号に復帰し、矢倉沢地区から洒水の滝方面へ一気に下る。途中で数台のロードのすれ違ったが、足柄峠への登りですれ違った人たちかもしれない。

ここからは国府津駅まで走ったことのない道で向かった。富士フィルムの工場、報徳橋を通って御殿場線にでたら。ここから御殿場線と森戸川沿いにちょっと迷ったりしながらだったが国府津駅に到着した。

いつもならば自走で家まで走ってゆくのだが、風向きが東よりなのと、足が重くなっていたので国府津駅から辻堂駅まで輪行してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.21

サイクリングで疲れた足には・・・

今日は宣伝の日とさせてください。

サイクリングの足の疲れを取るツールとして我が家ではこれを使っています。

フィットFooTキュットフィットFooTキュット他にも10種類のマッサージ器があります。

温泉旅館とかスーパー銭湯でよく見かける100円で10分利用できるものです。たしか伊東の道の駅の温泉で使っていいなぁと思い、そこそこの価格ですが2人で使用回数を考えると結構いいんじゃないか(元を取れるんじゃないか)ということで購入して愛用しています。

一度故障して修理後に帰ってきたら、最大レベルにすると血豆ができるほどパワーアップしてきました(^^)

実使用状態はこちら。すねに傷がいくつもあるお見苦しい足でごめんなさい(^^)
2005_1121_230239AA_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

05/11/20 湯桧曽から高崎

 ちょっとした用があり土日に越後湯沢に行くこととなった。土曜に用事を済ませて湯沢温泉に宿泊し、日曜日は自転車で高崎まで走る予定とした。
 計画では、朝、湯沢温泉から上越線沿いに土樽駅まで登り、土樽駅-清水トンネル-土合駅は上越線で輪行して、土合駅から上越線沿いに下って高崎駅までの予定だった。
 しかしながら、土曜日から湯沢は雪。BD-1も輪行袋から出すことなく宿に到着。温泉でゆっくりと過ごした。

 明けて今朝。旅館からの景色。

2005_1120_075818AA_s


 目が覚めると夜の雪が10cm位積もっていた。この時点で土樽駅まで走るのはやめて、越後湯沢駅から土合駅まで輪行することとした。

続きを読む "05/11/20 湯桧曽から高崎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.16

箱根駅伝コース地図onGoogleMap

箱根駅伝のコースをgooglemapに表示しました。

箱根駅伝コース(往路)
箱根駅伝コース(復路)

1日目の往路と2日目の復路ごとに作成し、各中継所とTV中継ポイント、5kmごとのポイントで構成しました。
特に今年は4区から5区の小田原中継所が、風祭から小田原本町に変更になるので要チェックです。

ポイント地点の距離程は作成データから計算したものですので、箱根駅伝関係資料での数値と若干異なることがあります。なるべく合わせたつもりですが、間違っているんじゃないの?と思っている箇所もあります。

※作成方法は昨年作ってあった各区ごとのPOTファイルを、コースの微調整、ポイント名の追加を行い、自作プログラムでXMLファイルに変換し、GoogleMapsEditorでHTML化して、最終的な整形をしました。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005.11.14

051113横浜水道みち・唐沢林道・桜沢林道

中央林間駅-横浜水道みち-新小倉橋-宮ヶ瀬湖-唐沢林道-ヤビツ峠-桜沢林道-秦野-自宅
101km

とりあえず、走行記録のみgooglemapに変換しました。こちらへ

2005_1113_125345AA_s


続きを読む "051113横浜水道みち・唐沢林道・桜沢林道"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.08

サイクリングonGoogleMap(2)

 昨日の段階では、コース上のポイントすべてにマーカーが付いていたのですが、GoogleMapsEditorでマーカーの表示をしない設定があることを知り、マーカーの表示をスタートとゴールと5kmごとのポイントのみにしました。

 マーカーを減らすとポイント数を増やしても大丈夫みたいなので、今回は約500ポイントのデータとしたので、細かいところもだいぶ再現性が良くなっています。ページ表示の速度、スクロール速度はどうでしょうか?

 あとはラインの色を変えたのと、標高の表示を追加しました。

 今日は今年5月の西伊豆スカイラインのデータを使用しました。こちらからどうぞ。05/05/08西伊豆スカイライン

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.07

サイクリングonGoogleMap

GoogleMapへのサイクリングコースの続きです。
間引き処理プログラムの改良を行い、以前よりは良いポイントを選択できるようになりました。
そこで、長距離で九十九折の含まれるコースとして、9/11の伊豆半島横断のルートで作成しました。
ポイント数は200ポイントですので、ちょっと動作が鈍いかもしれません。
ただ、これくらいのコースだと、200ポイントくらいは必要な感じです。

GoogleMapはこちらから、050911伊豆半島横断

マーカーリストに時刻と距離(実走行距離)を表示するようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

GoogleMapにサイクリングコースを載せてみた

GoogleMapを使用したサイクリングコースのページを作成しました。

こちらへ。05/10/30境川目久尻川
ページの表示までちょっと時間がかかるかもしれません。また、うまく動作しないかもしれません。

作成方法は
・GPS記録(POT形式)から、自作のソフトでポイントを100個まで間引きし、それぞれのポイントの時刻を付加したCSVファイルを作成する。
GoogleMapsEditorで、CSVファイルを読み込み、HTMLファイルを作成する。

ちょっと前からGoogleMapAPIについては知っていて、このようなページを作りたかったのですが、JavaScriptは良く知らないのであきらめていたのですが、最近になってGoogleMapsEditorの存在を知り、使ってみたところ意外と簡単に作成することができました。

自作ソフトでのポイントの間引きの方法の改良や、GoogleMapsEditorの詳細な使い方がまだ良く分からないところもありますので、これからいろいろと調整してみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.11.02

リクセンカウル(RIXEN KAUL)のバッグ

 リクセンカウル(RIXEN KAUL)のバッグについて、コメントがあったので書いていたところ、ちょうどよいタイミングでFrogBlogの記事があったので、合わせて紹介。

Rixen&Kaul マッチパックマッチパックリクセンカウル フリーパックメタ 26L フリーパックメタ26LRIXEN&KAUL(リクセン&カウル) KT817 アレグラ(ALLEGRA) フロントバッグアレグラ(ALLEGRA)

 これまでマッチパック(Matchpack)とフリーパックスポーツ(FreePack Sports)を所有していましたが、最近になってメタ2(Meta2)を知り、手に入れました。

 まずコメントで質問があった、マッチパックとメタ2の容量ですが、カタログ値の重量と容量は以下のとおりです。
   ・マッチパック      900g 20L
   ・フリーパックスポーツ 1200g 24L
   ・メタ2        1450g 26L

 経験からするとマッチパックがフリーパックスポーツより小さいというのは到底納得できない。そこで容量の実力測定のため、350ml缶の6本パック(サントリー発泡酒【純生】)で試してみました。

2005_1102_191301AA_sフリーパックスポーツ。そこに2パックを並べてその上に1パック、計3パックでファスナーが閉じない。


2005_1102_191556AA_sメタ2。2パックを2段重ねて4パックが何とか入ったがファスナーが閉じない。


2005_1102_191748AA_sマッチパック。2パックを3段重ねてなんと6パック入る。5パックなら口が閉じるくらい。

 結果としては、「マッチパック > メタ2 > フリーパックスポーツ」となりました。マッチパックのカタログ値はちょっと小さいのではないかな。缶ビール1本単位で入れてみればさらに詳しいデータが得られますが、あとが大変なのでこれでご勘弁を(^^)

 ちなみに普通のデイパックは4パック余裕で入りますので、メタ2は一般的なデイパックではやや小型の部類なのかもしれません。

--------------------

 普段の使い方は、マッチパックはちょっとした買い物から日帰り~長期ツーリングまでオールマイティで使っています。荷物が少ないときは上部がペチャンコになるので見た目もすっきりしますし、多いときははみ出ても口紐で押さえが利きます。また、円形なので、すし・さしみのパックも平置きで入れることができるのもうれしい(^^)

 フリーパックスポーツはねこBDの泊りがけツーリング用に主に使われています。そしてメタ2は、フリーパックスポーツの代替と考えていましたが、ヘルメットホルダーがないのでねこBDはフリーパックスポーツの方がお気に入り。そこで私が前回箱根に行ったときに使ってみましたが、使い勝手は普通のデイパックと同じ感じ。マッチパックと同じく金属棒で全体を支えます。(D型でなくコ字型になります。)

しばらくはマッチパックと状況によって使いわけてみようと思っています。

--------------------

 フロントバッグのアレグラ(ALLEGRA)もメタ2と合わせて手に入れました。用途としてはねこBDのスマイルではちょっと足りないときのために。確かに大きくなって荷物もそれなりに入るようになりましたが、ショルダーだけで持ち手がないのがちょっと不便だとのこと。
大きさはサイクルスポーツ誌がすっぽりと入る大きさです。

2005_1102_204523AA_s

-----------------------

あと、リキセンカウルとしては「ショッパー」、「ショッパーミニコンフォート」、「缶ビール箱キャリー(ショッパー改)」があります。2台でそれぞれ前後にアタッチメントがあるので、TPOに応じていろいろと組み合わせています。

| | コメント (14) | トラックバック (2)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »