« 北海道道の駅スタンプラリー | トップページ | '06北海道ツーリング1日目 »

2006.08.24

リクセンミッドシップ・プロトin北海道

北海道で実際に試してきました。

まず1日目は荷物も少なく何事もなく走り終わり、1日目の広尾の宿に着替えなどの荷物をあらかじめ宅急便で送っていたので、その荷物を2つのマッチパックにすべて詰め込みました。

そして、大きく重くなった荷物を載せて走り始めた2日目。走り始めると時速10kmを越えるとハンドルが左右にブルブルと震え始めてきます。
うーん、重すぎるのか、左右のバランスや剛性の関係で共振してしまうようで、この場で条件を変えて試験をしているわけにも行かないので、ちび輪バッグと着替えの袋を取り出してシートポストにつけると、スピードを出しても安定して走れるようになりました。

結果、2日目から4日目まで、日高地方を走っていたときは以下のような姿に。

2006_0815_074724aa_s

5日目以降は、荷物チェンジで不要な荷物を送り返して身軽になったことと、さらに雨も振り出してきたため、マッチパック1個にまとめました。

その他の欠点としては、着脱のときに片側だけ付けると倒れてしまうので、一個付けた時にBD-1を支えながらもう一つを付けなければならないとか、肩紐や袋を締めるひもがブラブラとして足に引っ掛けてしまう恐れがあるので袋の中に収納するか、どこかに結んでおく必要があるなど、4日間試してみて多くのな問題点を得ることが出来ました。

でも前から見ると、左右に張り出したバッグの存在感があり、一番の目的だった「なんちゃってチャリダー北海道仕様」で走れたことは満足しています。

BD-1」カテゴリの記事

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12335/11590018

この記事へのトラックバック一覧です: リクセンミッドシップ・プロトin北海道:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。