« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.30

千里浜

千里浜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.29

旧北陸道・倶利伽羅峠

P1080994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップ

チューリップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.28

富山県営渡船

P1080833

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート

スタート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.22

輪行コロ取っ手Type2兼リクセンフロント

前回まで、「輪行コロ取っ手」→「リクセンフロントアタッチメント」と試作してきました。不具合点や実際に使用してみて気づいたところなどを改良して、新たに「輪行コロ取っ手兼リクセンフロント」製作しました。
(前回取っ手に戻すと言ってましたが結局リクセンを付けました。)

2007_0422_171210aa1_s


続きを読む "輪行コロ取っ手Type2兼リクセンフロント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.20

07/04/15 須坂から菅平と鳥居峠越え

北須坂-臥龍公園-仙仁-大笹街道-菅平-鳥居峠-田代-万座・鹿沢口駅 53km
googlemapsで見る

長野帰省ツーリングの2日目。須坂から大笹街道で菅平へ上り、鳥居峠を越えて群馬県、吾妻線の万座鹿沢口駅まで走った。

計画の時には、土曜日にこの逆コースで実家へ帰ろうと思ったのだが、週間天気予報では天気が悪かったことと、土曜の朝早くに出発しなくてはならないので、予定を変更した。2日目も野尻湖周辺へ往復しようと考えていたが、臥龍公園の満開の桜を見に行くとすると方向が違う。それならばと臥龍公園からそのまま米子へ上っていって菅平へ行ってしまえとなった。標高350mから1,400mまでの標高差1,000m超の厳しいコースとなる。

9時に実家を出発。須坂市街を抜けて、日本の桜百選の臥龍公園へ。朝早くから花見やカンガルーのハッチで有名な須坂動物園目当ての観光客がたくさんいた。

2007_0415_091255aa_s

2007_0415_091835aa_s

2007_0415_092739aa_s

2007_0415_092846aa_s

続きを読む "07/04/15 須坂から菅平と鳥居峠越え"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.17

07/04/14 千曲川サイクリングロードと姨捨駅

上田駅-千曲川サイクリングロード-上山田温泉-姨捨駅-篠ノ井駅 36km
googlemapsで見る

土日で長野の実家へ行ってきた。自転車付きで行くのは昨年の11月以来となる。

今回は上田駅から千曲川サイクリングロードを北上し、上山田温泉から日本三大車窓で有名なJR篠ノ井線の姨捨(おばすて)駅に上る。そして善光寺平へ下って篠ノ井駅までのルートとした。篠ノ井駅から実家の最寄り駅までは輪行で。

11時頃に家を出て、上田駅に到着したのは14時。心配していた天気もすっかり良くなって暖かい。ところが上田駅裏手の千曲川に架かる上田橋を渡り始めると、いきなり強い北風にあおられた。これから向かう方角なので思いっきり向かい風となる。

橋を渡ったところで千曲川左岸を走り始めると満開の桜を見かける。事前の情報では満開には早いかと思っていたが、ここ数日の暖かさで一気に咲いたようで、ちょうど良いタイミングだった。

2007_0414_141549aa_s

2007_0414_141637aa_s

2007_0414_142201aa_s

続きを読む "07/04/14 千曲川サイクリングロードと姨捨駅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.15

写真だけ

土日で帰省がてら、信州ツーリングに行ってきました。

2007_0414_155812aa_s

2007_0415_132006aa_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.11

BD-1ヘッド用リクセンカウルアタッチメント

前記事で製作した取っ手。

2007_0407_163740aa_s_1

で、思うことをそのままやってみるとこうなりました。もはや取っ手ではなくなっています。
イメージとしてはBSモールトンのヘッドチューブに付けるリクセンのアタッチメントです。

2007_0408_103737aa_s

2007_0408_134605aa_s

ハンドルを切ったときの折りたたみ部分との干渉を避けるため、取っ手の固定金具の前後を入れ替えて左右間隔を広くしました。次に過重補強のためにヘッドチューブに新たに台座を取り付け、ハンドル固定金具を支えるように補強金具を追加。最後にショッパーミニを付けたときに前輪と当たらないように高さを修正して固定しました。

まずは走行性&耐過重試験、ショッパーミニに350ml缶×6本パックを2パック入れて、家の近所を走ってみましたが、リクセンミッドシップで問題となった嫌な共振も発生せずに、ハンドルをわざと振らしてみてもすぐに安定しました。ハンドルに負荷が付いていないのでハンドル操作はしやすくなります。

次に耐久試験、マッチパックに輪行袋や上着を入れて、平塚里山の往復で70km走ってみましたが、破損や走行中に不安定となることはありませんでした。

思いついたことをそのまま形にして、1日だけですが試験してみたものですが、さて実際に必要性があるのかというと、どうだろうか。

次回は取っ手本来の姿に戻しますので、この姿は今日限りです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.04.10

BD-1輪行コロ取っ手Type2プロト2

取っ手Type2プロトの持ち位置はSカンと同じにしましが、実際に使ってみてもう少し上に持ち上げたほうが良いだろうと、変更することにしました。
そのまま角度だけ変えても良いのだけれど、思うことあり2台目を新規作成。

2007_0407_163740aa_s

持ち手に25mm径のアルミパイプを使用、両側に切り込みを入れて、補強金具は2段折れになっているものに変更して取り付けました。こうすると持ち手の幅を広くすることが出来ます。

取っ手としてはこれで出来ましたが、次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.09

07/04/08 平塚里山

金目川CR-座禅川-土屋霊園-遠藤原-厳島湿性公園-秦野二宮バイパス-石神井台-国府-大磯
72km
googlemapsで見る

今日は天気予報が微妙だったので、しまださんの記事を見て平塚の里山へ向かうことにした。ルートは決めていない。

R134花水川橋からサイクリングロードに入る。桜のトンネルは葉桜になりかけているけれどまだまだきれいだった。

2007_0408_110743aa_s

2007_0408_111059aa_s


続きを読む "07/04/08 平塚里山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.07

BD-1輪行コロ 取っ手Type2プロト

BD-1輪行用取っ手のType2プロトを製作し、先日の房総半島輪行で使用してみました。

これまでSカンの取っ手を使用してきましたが、背の高い人が使用すると持ち上げ量が高くなり重心が上がるため、運搬時のバランスが悪くなっています。
それを改良しようといつも思っていましたが、ようやく今回プロトタイプを組み立てました。

【参考】BD-1の細工 輪行用取っ手の製作

まず取っ手部を手持ちの金具とスポンジグリップで作りました。
ボディへの固定方法は、リクセンミッドシップ・プロトの台座と同じ要領で、アングル金具をフレームの両サイドに取り付けます。

【参考】リクセンミッドシップ・プロト

2007_0407_095439aa_s

2007_0407_095303aa_s

2007_0331_212539aa_s

取っ手の持ち位置は、Sカン取っ手と同じ位置になるようにしてビニール紐で一応固定。(時間がなかったので)LEDライトも固定金具を変更して以前と同じように取り付け。

組立終わったのが3/31~4/1の房総半島サイクリング出発の30分前。さっそく輪行で、横浜駅ホームと横浜そごうバスターミナルの間を1往復、この間は結構距離が離れていて、エレベータ、エスカレータ、様々な種類の路面があるのでいい試験場所となりました。

結果、フレームと取っ手がしっかりと固定されたことにより安定性が増し、前方向、後方向とも運びやすくなりましたが、振動の影響と、やわずかな傾きでも取っ手でコントロールしてしまうために、握力が弱いためかもしれませんが、最後は手が疲れていました。こうしてみるとSカン取っ手のガタも意味があったと思います。

他にも構造上の欠点として、簡単に取り外しができない。輪行バッグのホルダーとならないことがありますが、今後取っ手の角度変更とか、ちょっと遊びを加えて改良する予定です。

【参考:輪行コロ全般について】『BD-1折りたたみ自転車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.05

07/04/01 木更津から房総スカイラインと久留里線

木更津-中の島公園-かずさアカデミアパーク-房総スカイライン-片倉湖-亀山湖-久留里-横田-木更津駅・・・アクアライン・・・横浜駅 88km
googlemapsでみる

3年半ぶりに房総半島へ。房総半島へはこれまで4回行ったがほとんど海岸線を走っていたので、今回は内陸を目指すこととした。
アプローチは東京湾アクアラインのバス輪行にした。横浜そごうのバスターミナルから木更津行きのバスに乗る。
京急バスのページに『アクアラインバスでは、トランクへの収納・取り出しなど手荷物の取り扱いがある場合は、原則としてお客様ご自身でお願いしております。』とあったので、自分でトランクを開けてBD-1を2台入れた。
横浜からアクアライン経由で途中の袖ヶ浦BTまで35分、木更津までも50分ほどで到着した。こんなに近くて便利になっていたとは知らなかった。

夜は宿の近くの回転寿司を食べ、寝るまで明日のルートを考えた。帰りもアクアラインバスとするため木更津へ戻るルートを考え、房総スカイライン-亀山湖-久留里線の周回ルートとした。

昨晩から雨が降っていたが、朝には良い天気になった。8時前に出発。まずは宿の近くの
鳥居崎海浜公園と中の島大橋へ向かう。かつて放映されていたTBSドラマ『木更津キャッツアイ』のロケ地巡りが盛んらしく、中の島大橋もその舞台で検索するとたくさんヒットする。

2007_0401_074709aa_s

2007_0401_074925aa_s

続きを読む "07/04/01 木更津から房総スカイラインと久留里線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.01

アクアライン輪行で久しぶりの房総半島

3年半ぶりに房総半島へ行ってきました。
週末の天気予報が晴れ→雨→曇と日々大きく変化して、どうしたらいいんだと右往左往していましたが、宿を予約してしまえば行くしかない。

最近定番の前泊で木更津に宿を取りましたが、以前は輪行が出来るかどうか不明確だったアクアラインのバスが、どうやら出来ると分かったので横浜からバスで木更津へ。なんと1時間もしないで着いてしまいました。
これならわざわざ泊まらなくても良かったかもしれませんが、宿の近くで偶然見つけたとても美味しいくるくる寿司の店に行くことも出来たし、空気がピリッとしている朝早くから走り始められるのが気に入っています。

帰りもアクアラインのバスとして、木更津から房総半島の中心部へ。房総スカイライン-亀山湖-久留里を巡って木更津へ戻りました。

2007_0401_080106aa_s
木更津・中の島大橋

2007_0401_121615aa_s
久留里線

2007_0401_142540aa_s
菜の花


とりあえずGoogleMapsで見る。
詳細は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »