« '07道南ツーリング・終章 | トップページ | BD-1リア用リクセンカウルアタッチメント »

2007.09.30

テールライト交換とリクセン化

BD-1のテールライトの交換とリクセン化をしました。

これまで使っていたテールライトは、CATEYEの「SL-LD200R」。(参考記事:ソーラーLEDテールライトその3
太陽電池で充電され明るさと振動で自動点滅するのは良いのですが、光量がちょっと心許ないのが気になっていて、トンネルの多いところへ行くときは、バッグ取付用の明るいテールライトも持参して必要なときに取り付けていました。

しかし、先日の道南ツーリング中に雨に濡れたためかバッグ取付用のテールライトが故障。SL-LD200Rだけとなってしまったため、それからはレインカバー(黄色なので光が当たれば目立つと思い)を付けて走ることに。

ちょうどいい機会なので、もっと明るいテールライトをBD-1に常設しようかと思って、前から気になっていたCATEYEの「TL-AU200」を購入しました。

TL-AU200
■ ダブルセンサー(明るさセンサー+振動センサー)で自動的に点滅
■ 高輝度LED3個使用
■ 単3形乾電池を2本使用し、連続約200時間使用可能
■ JIS規格適合リフレクター搭載
■ シートステー取付専用

シートステー取付専用なので、BD-1に付けるには何らかの工夫をしなければならないのは分かっていましたが、買ってみて始めて知ったのがこのライトにはSWがなく、完全な自動点滅だったこと。
これだと、輪行の時に袋に入れてしまうと光りっぱなしの可能性が高い。

そこで、着脱式を検討、使えるかなと思ったのがリクセンカウルの「コイルロック用サドルアダプター」。

コイルロック用サドルアダプター


■小細工開始

テールライトのリクセン化です。
まずライトとコイルロック部を長めの3mmボルトで取り付け。
2007_0930_104316aa_s

反対側の状態と点滅の様子。
2007_0930_104242aa_s

次にサドルアダプタをどこかに付けなければいけないのですが、シマノのVブレーキブースターにちょうどうまい具合につけることができました。
2007_0930_103913aa_s

ライトを取り付けた状態。ちなみにライトを付けたままで折りたたむとライトの頭が床に付きそうになりますがぎりぎり大丈夫。
2007_0930_103830aa_s

ブレーキブースターの付いていない方は、アングル材で取り付け。あまり下にすると折りたたみ時にシートポストの底部と干渉するので当たらない場所に調整。
2007_0930_114549aa_s

---
雨の週末となってしまい、どこへも行けないのでメンテや改造に勤しんでいます。

BD-1」カテゴリの記事

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。