« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.22

GARMIN(ガーミン)ハンドルバーマウントブラケットが破損した時は

前記事の続きです。その大間崎の本州最北端の碑の前でBD-1が倒れたときに壊れたものがもう一つありました。

ガーミンGPSのハンドルバーマウントがぽっきりと壊れました。幸いなことにGPS本体は無事でした。
2008_0522_231212aa_s

バッグミラーと同じく、ガムテープで補強して残り2日間のツーリングに使いました。
2008_0522_230913aa_s

家に予備があったので、この壊れたマウントはお疲れ様となり、新品に交換しました。

長期ツーリングのときは、タイヤが裂けたりしたときに役立つかもしれないと思って、いつも黒い布テープを持参しています。これまでは家に送る段ボール箱を閉めるときにしか使いませんでしたが今回は大活躍しました。

| | コメント (0)

2008.05.21

CYCLE STAR (サイクルスター)バックミラーのブラケットが破損した時は

GWの下北ツーリングの2日目、大間崎の本州最北端の碑の前でBD-1を2台並べて写真を撮った直後、強風にあおられてねこBDが転倒しサイクルスターバックミラーのブラケットの丸い部分がぽっきりと破損しました。

2008_0521_212041aa_s

応急措置としてガムテープで強引に取り付けて、残り2日間は過ごしたのですが、ブラケットだけのために新品を購入するのももったいないので、なんかできないかと考えて。

バックミラーに繋がるアングルの先端部分にガムテープを細く切ってぐるぐると巻いて。
2008_0521_213615aa_s

程よい太さとなったところでハンドルに差し込みました。
2008_0521_213324aa_s

これでなんら問題はなく使えています。ガムテープを樹脂に変えられればさらに良いのですが、ちょうどよいサイズのものが見当たりませんでした。

| | コメント (0)

2008.05.18

しまださんヤビツ峠復帰♪ランチ・パーティ

「しまださんヤビツ峠復帰♪ランチ・パーティ」に参加してきました。

皆さんは伊勢原集合で浅間山林道経由で蓑毛で出るとのことでしたが、私たちは家から秦野へ抜け、名古木から上ってヤビツ峠への途中で追いつかれようと考えていました。

しかし、朝起きた時間や不慮のトラブルで出発が予定より30分以上遅れ。ロボさんから「浅間山林道入口」のメールを受けたときは、まだ金目川CRでした。

ということは、蓑毛ではほんの僅かしかアドバンテージが持てないと思い、いつもなら金目川右岸を行くのですが、今日は土屋橋から県道62号で名古木へ直行。そして蓑毛までの急坂を淡々と上り、あと2kmというところで「蓑毛に到着」とメールが入りました。

「ずいぶん早いな」と驚きましたが、「先に行ってください」と返信し、蓑毛から淡々と上っていき、なんとかヤビツ峠で休憩中の皆さんに追いつくことができました。

2008_0518_120818aa_s
かいちさんのBD-1との始めての3ショット

気まぐれ喫茶」で、パーティー。25名の皆さんと2時間ほど過ごしました。

2008_0518_132444aa_s
広々とした中でのパーティ

2008_0518_141402aa_s
和やかに会談中

裏ヤビツへ下りる皆さんと別れ、帰りはヤビツ峠に戻ってお気に入りの羽根林道経由で帰りました。

伊勢原から浅間山林道や裏ヤビツの様子パーティの詳しい様子などは、こちらをご参照ください。
しまださん
ロボさん
菊次郎さん
かいちさん
SLENDERさん
まつあにさん
(参加された方の記事が掲載され次第リンクを追加していきます)

| | コメント (0)

2008.05.14

08/05/06 下北半島ツーリング4日目

大湊-目名-尻屋崎-尻屋-野牛川レストハウス-東通村役場-大湊・・・八戸・・・藤沢 晴 89km 地図

4日間のツーリングも今日が最終日。夜の内に前線が通過して東に去っていったので、嬉しいことに朝から快晴の天気となった。今日はまず尻屋崎へ行き、帰りは列車の時刻と相談しながらコースを決めることとする。

6時半から朝食バイキングで7:00にスタート。夕方には戻ってくるので着替えなどの不要な荷物はホテルに預かってもらった。

むつ市街から県道6号むつ尻屋崎線に入る。1つ2つ丘を越えると東通村へ。目名を初めとするいくつかの集落を8%~10%の坂のアップダウンで進んでいく。人家の気配が次第に薄くなり、遠くに牧場も見えてくるとほとんど北海道の風景である。

2008_0506_070815aa_s

2008_0506_072441aa_s

2008_0506_074725aa_s

2008_0506_074753aa_s


つづきはこちらへ

| | コメント (0)

2008.05.13

08/05/05 下北半島ツーリング3日目

大間-下風呂温泉-峠-大畑-奥薬研温泉-大畑バイパス-田名部-大湊 曇時々雨 78km 地図

下北ツーリングも折り返し地点で残り2日間となった。気になる天気は西から前線が近づきつつあり遅くとも夜には雨に、前線が過ぎれば晴れとなる模様だ。

今日と明日は、1)尻屋崎コースと2)薬研温泉-恐山コースの2コースを天気により決めることとしていた。明日は天気が回復しそうなので、明日を尻屋崎コースとして、今日は薬研温泉-恐山コースにすることとした。

朝起きてまず天気予報をチェックすると夕方から雨の予報となっていた。雨の降り出し時間にもよるが、1)予定通り恐山越え、2)薬研温泉で引き返し、3)雨が降った時点でバス輪行、の決定をどこかですることになる。

宿で朝ごはんを食べて、宿の犬(かな)に見送られて7:30にスタート。空はやや重たい雲に覆われ、気温も10度そこそこと寒い。R279の北側に並行する道で大間の街を抜けて、R279合流前に風間浦村へと入った。

2008_0505_072815aa_s

2008_0505_074932aa_s

R279に合流してすぐ、折戸坂を下れば海へ出る。このR279には「大間道」「むつはまなすライン」「北通道」と幾つもの名称が付けられている。

海沿いに出ると強い向かい風だ。がんばっても時速10kmちょっとしか出ず、この時点で早々に恐山越えはあきらめた。

2008_0505_075202aa_s

2008_0505_075411aa_s


つづきはこちらへ

| | コメント (0)

2008.05.12

08/05/04 下北半島ツーリング2日目

脇野沢-海峡ライン-牛滝・・・(観光船)・・・仏ヶ浦・・・(観光船)・・・牛滝-仏ヶ浦展望台-福浦-佐井-大間崎-大間 晴 83km 地図

昨日は21時過ぎには寝たので、5時には目が覚めた。外はもう明るく、天気はどうかなと外を見ると曇空。カモメがクァークァーと鳴いていた。
下北半島ツーリング2日目の今日は海峡ラインと仏ヶ浦のメインイベント。できれば今日だけは良い天気でと願っていた。

なぜならば今日のルートは距離は80kmとそこそこだが、山の登り返しが続きトータルの標高差が結構ある。おおまかに調べてみても「0m→500m→0m→200m→100m→200m→0m→200m→0m→80m→0m→最後は細かなアップダウン」と非常に厳しいと思われる。
そのため朝は早めに出ようと考えて、朝食はお弁当にしてもらった。

最新の天気予報では下北は曇時々晴だが、津軽は晴時々曇。下北半島の西岸はその中間地点なのでまあまあの天気になるだろうと期待した。

6時半に出発、R338海峡ラインで北へ向う。しばらくは脇野沢川に沿ったほぼフラットな道で、町外れのガソリンスタンドには「次のガソリンスタンドは60km先」と看板が出ていた。

2008_0504_062909aa_s

2008_0504_063228aa_s

3kmほど走って、脇野沢温泉「脇野沢村保養センター」の先、「道の駅わきのさわ・リフレッシュセンター鱈の里」に到着。ここで朝食のお弁当を食べることとした。隣は七引野猿公苑である。道の駅はまだ開店時間前で入ることはできず、風が冷たいので自動販売機で暖かいお茶を買って玄関前のベンチでお弁当の半分を食べた。
朝のエネルギー補給を終えたのでいよいよ山へ向う。朝早いこともあり車はとても少ない。脇野沢北端の集落の前後の道端には薪がいっぱい積まれていた。

2008_0504_064315aa_s

2008_0504_070754aa_s


つづきはこちらへ

| | コメント (0)

2008.05.11

08/05/03 下北半島ツーリング1日目

5/3(土) 藤沢・・・八戸・・・大湊-川内-脇野沢-九艘泊-脇野沢 晴 55km 
地図

5時半に起床。昨日から降り始めた関東の南を通過中の低気圧による雨が続いていた。下北の週間天気予報を見ると、今日は晴れマークが付いているが、明日から曇となっていた。

最寄り駅までは1km弱を走るので、ゴアテックスの上だけを着て6時前に出発した。
東京駅で新幹線に乗り換える。GW後半の4連休初日となる新幹線コンコースは大混雑。お弁当売場には人だかりがしていて、乗り換え改札を通るにも行列ができていた。

7:36発のはやて3号で八戸へ。仙台から雲が切れてきて、盛岡では快晴となり岩手山が鮮明に見えた。東京から3時間あまりで八戸駅に到着した。

ここで「きらきらみちのく下北」に乗換え。ちょっと時間があるのでお弁当を買って、あとは「きらきらみちのく」の写真を撮って発車時間まで過ごす。11:19八戸駅発。東北本線の野辺地から大湊線に入り下北半島を北上する。

2008_0503_105830aa_s

2008_0503_110014aa_s

2008_0503_123336aa_s

2008_0503_123353aa_s

つづきはこちらへ

| | コメント (0)

2008.05.07

下北半島ツーリングIndex

GW4連休での下北半島ツーリングに行ってきました。
本州最北端の半島を4日間での急ぎ足で周ったツーリングでした。

「さいはて」の名がぴったりの九艘泊では北限のニホンザルと出会い。海峡ラインという名称とはかけ離れた山越えの道。そして奇岩の仏ヶ浦。雨のおかげで薬研温泉にのんびりとつかって。尻屋崎の寒立馬と10数年ぶりの再会。
行く先々での満開の桜。鉄道の夢がかなわなかった町、鉄道が消えた町。森の中から突如現れた豪華な建物群、廃校になった小中学校。
わずかだったけれどすれ違ったサイクリスト。ほぼ同じルートだったランドナーの青年。八戸駅で声を掛けてくれた方。

予定していた恐山に訪れることは叶いませんでしたが、とても満足できたツーリングになりました。

5/3(土) 藤沢・・・八戸・・・大湊-川内-脇野沢-九艘泊-脇野沢 晴 55km 地図
5/4(日) 脇野沢-海峡ライン-牛滝・・・(観光船)・・・仏ヶ浦・・・(観光船)・・・牛滝-仏ヶ浦展望台-福浦-佐井-大間崎-大間 晴 83km 地図
5/5(月) 大間-下風呂温泉-峠-大畑-奥薬研温泉-大畑バイパス-田名部-大湊 曇時々雨 78km 地図
5/6(火) 大湊-目名-尻屋崎-尻屋-野牛川レストハウス-東通村役場-大湊・・・八戸・・・藤沢 晴 89km 地図

レポートはこれからがんばって書きます。

1日目のみですが写真を。
2008_0503_110014aa_s
2008_0503_132745aa_s
2008_0503_140613aa_s
2008_0503_144751aa_s
2008_0503_153347aa_s
2008_0503_154517aa_s
2008_0503_155938aa_s
2008_0503_161145aa_s
2008_0503_161918aa_s
2008_0503_162028aa_s
2008_0503_163857aa_s
2008_0503_165014aa_s

| | コメント (0)

2008.05.06

ゴール

ゴール
大湊駅。これから帰ります。

| | コメント (0)

寒立馬

寒立馬

| | コメント (0)

尻屋埼

尻屋埼

| | コメント (0)

2008.05.05

大畑桜街道

大畑桜街道
霧雨です。

| | コメント (0)

下風呂温泉

下風呂温泉
大間線メモリアルロード

| | コメント (0)

2008.05.04

大間崎

大間崎
本州最北端

| | コメント (0)

仏ヶ浦展望台

仏ヶ浦展望台
標高200mから

| | コメント (0)

仏ヶ浦

仏ヶ浦
牛滝から観光船で。

| | コメント (0)

海峡ライン

海峡ライン
後ろの山の間に小さく津軽海峡が望めます。

| | コメント (0)

2008.05.03

九艘泊

九艘泊
ここで海岸線の道路は行き止まり

| | コメント (0)

大湊駅

大湊駅
これから出発

| | コメント (0)

2008.05.02

明日から下北半島

明日からのGW後半の4連休で下北半島へ行ってきます。
まさかりの形をしている下北半島の、刃の部分をぐるりと周る予定です。

5/3(土) 東京(新幹線)八戸(JR)大湊-脇野沢-九艘泊-脇野沢
5/4(日) 脇野沢-海峡ライン-仏ヶ浦-佐井-大間
5/5(月) 大間-下風呂温泉-大畑-尻屋崎-大湊
5/6(火) 大湊-恐山-大湊(JR)八戸(新幹線)東京

5日と6日の天気が微妙になっているので、空と相談しながらルートは考えます。

| | コメント (0)

2008.05.01

リクセンカウル・マイクロボトルバッグとBD-1

リクセンカウル・マイクロボトルバッグをシートポストの前に付けました。

2008_0501_150611aa_s

先月にリクセンカウル・エクステンダーをショート化したことにより、それまでエクステンダーを加工して付けていたASアダプタがなくなりましたが、ここは普段は使っておらず、長期のツーリング時のボトルバッグ用としていました。

GWの4連休で久しぶりの長期ツーリングに行くため、どこかにボトルバッグを付けるところはないかと、あっちこっち試してみて、上の写真の位置となりました。

続きを読む "リクセンカウル・マイクロボトルバッグとBD-1"

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »