« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.26

GPS RAMマウントのBD-1への取付

GPSの地図を新しくしたとともにGPS本体も変えました。

これまでのハンドルバーマウントが使えないため、新たに自転車用取付器具か、RAMマウントにする必要があります。自転車用取付器具では振動で落下する事例をいくつか見聞きしたので、安全策でRAMマウントにしました。(ロボさんは純正の取付器具で試験中なので、しばらくしたらお互いの情報交換をするのもいいかなと思ったため)

RAMマウントのBD-1への取り付けは、定番であろうUボルトベースでハンドルバーに付けました。アームの位置と角度をいろいろと調整でき、写真以外の取り付けも試したのですが、しっくりとする場所がありませんでした。
2009_0124_151432aa_s

2009_0124_151533aa_s

Uボルトをハンドルステムに付ければいいんじゃないかと思ったのですが、BD-1のハンドルステムの直径35mmに対して、Uボルトの取付径が最大25mm(Uボルトの内寸実測27mm)なので取付は不可能です。
太いパイプ用に、Uボルトでなくベルトクランプタイプ(48mmまで対応可)があること、また、アームもショートタイプからロングタイプまで種別があることを知ったのですが、まずは現状のままで工夫してみようかと考えました。

ホームセンターでBD-1のハンドルステムに取り付け可能なUボルトを調達(内寸37mm)
2009_0124_151715aa_s

ただしこのサイズだとUボルトベースの取付穴に干渉するため、ベースの2つの穴を0.5mm~1.0mm位ヤスリで削って広げ、買ってきたUボルトが入るまで加工します。
2009_0124_152521aa_s

UボルトをBD-1のステムに取り付け、GPSの位置を今までの位置とほぼ同じ場所になるように調整しました。
2009_0124_153920aa_s

2009_0124_153942aa_s

2009_0124_154015aa_s

昨日のヤビツ峠で1日使ってみましたが、RAMマウントは問題なく使うことができました。
(新しいGPSの操作に戸惑っていたため、RAMマウントにまで気をまわらなかったこともあります)

あとは輪行と、フロントにバッグを付けたときの修正があるかもしれませんが、とりあえず現状報告です。

Uボルト

ベルトクランプ

Cクランプ

| | コメント (6)

2009.01.25

09/01/25 初ヤビツ

今年初めての遠出。正月を挟んで体もなまりきっていることから、訓練をかねてヤビツ峠へ行くことにした。
今朝は寒く、朝起きたときには家の前の道路も氷が張っていたが、雪に覆われた富士山がくっきりと見える。

9時前に出発。湘南海岸CR、R134、金目川CRのいつものルートで名古木まで。ずっと富士山を眺めながらのサイクリングだ。
2009_0125_090859aa_s

2009_0125_102159aa_s

2009_0125_102753aa_s

名古木から上っていくが、いつもなら上から何台もロードが下ってくるのに今日は少なめ。蓑毛の先で「路面凍結スリップ注意」の表示があったが、表ヤビツは問題なく上る事ができた。
菜の花台に到着。富士山から箱根、伊豆半島、伊豆大島、江ノ島から三浦半島までパノラマがとてもよく見えるので、展望台に初めて上ってみた。パラグライダーがちょうど富士山頂方向で飛んでいた。
2009_0125_121124aa_s

2009_0125_121845aa_s

2009_0125_121845ab_s

久しぶりに足を酷使したので、菜の花台の先になると足がいっぱいいっぱいになってきた頃、シルキーさんが下ってきたので少し雑談。
2009_0125_124454aa_s

山頂に近づくと、日陰になっている道端の草木に霜がびっしりと。峠でちょっとだけ休憩してそのまま表を下って帰ったが、帰りは向かい風がとても冷たく体が冷え冷えになった。
2009_0125_125305aa_s

2009_0125_125704aa_s

カメラ入れなどの小物も変更したので、その使い心地の確認も含めて、収穫の多いサイクリングだった。

| | コメント (0)

2009.01.24

日本地形図10m等高線(TOPO10M)V8

2009_0124_s

道路地図を変更したとともに、今回地形図を新たに追加しました。

日本地形図(TOPO-10M)Ver.8には、10m等高線、登山道、林道などの情報が収録されています。

嬉しいのは林道情報があること。近場の情報で見てみると、浅間山林道、羽根林道、表丹沢林道などしっかり入っていました。(宮ヶ瀬湖北の東南林道は途中まででした)

道路地図に載っていない林道に初めて行くときには、事前にルートを入力して行きましたが、粗々なデータなので分岐点で迷うことがあったため、これで少しは安心になると思います。


MapSource【日本地形図、10m等高線】(TOPO-10M Japan Ver8)

| | コメント (0)

2009.01.23

日本詳細道路地図シティナビゲーター(City Navigator)V9

2009_01231_s

GPS用の地図を「日本詳細道路地図シティナビゲーターVer.9」に更新しました。

これまではVer.6を使っていたのですが、地図データが古くなり、新しい道や橋、トンネルがGPSに表示されないことが多く、うっかり道を間違えてしまったり、悩んだりすることが増えてきたため、久しぶりに変更しました。

バージョンが3段階も変わっているため、だいぶ変更されています。
地図が新しいのはもちろんですが、ポイント情報がものすごく増えています。コンビニ、飲食処、商店など40万件が登録されており、これまでサイクリング中に探し回っていましたが、これからは便利になりそうです。

ただし、自動ルート作成を確認しようと、自宅~秦野で試してみたところ、茅ヶ崎駅南側の小路を抜けてみたり、湘南銀河大橋を渡った後、平塚市内をえらく迂回したりと、ちょっと不思議な結果が出てきました。
ルートはいろいろと確認する必要がありそうです。

MapSource【日本詳細道路地図】ルート検索機能付き(City Navigator Japan Ver.9)

| | コメント (0)

2009.01.18

葉山まで

今日はぷらっとサイクリング。
葉山辺りまで往復する予定で昼過ぎに出発した。

腰越-R134-極楽寺-材木座-小坪と三浦半島へのいつものルートをゆく。逗子駅近くでハンバーガーを食べて、桜山トンネル、葉山トンネルの山ルートで葉山御用邸方面へ。

このままだとちょっと走り足りないかなと思い、いったん湘南国際村入口方面に向かい、下山川沿いに下るルートへ。何回か来たことはあるが緩やかなアップダウンののどかな道でお気に入りのコースだ。

御用邸から引き返し、帰りは海沿いコース。薄雲りで、遠くの景色は見えなかったが、穏やかな海に陽光がやわらかく反射し、ちょうど引き潮の時間で砂浜もいつもより拡がっていてなかなかいい感じだった。

2009_0118_140615aa_s
葉山御用邸付近

2009_0118_141357aa_s
真名瀬

2009_0118_145738aa_s
七里ガ浜

| | コメント (1)

2009.01.08

08/12/24 知多半島2日目

12/24(水) 内海-鳶ヶ崎-師崎-豊浜-内海-野間-常滑駅・・・中部国際空港 ルート図

知多半島ツーリング2日目。今日は知多半島の先端部を回る。8時に宿を出発。冷え込んでいてサドルが夜露でびっしょり濡れていた。まずは西岸の南知多町内海から、県道279号でちょっとした峠を越えて昨日走ってきた東岸に戻る。南知多グリーンバレイを過ぎるとまもなく標高50mほどのピーク、ここでいったん三浜町に入る。三浜町と南知多町は合併して「南セントレア市」となる話が有名だったが、結局合併は中止となってしまった。

2008_1224_080749aa_s

2008_1224_081902aa_s

古布でR247に入り南へ。南知多町に戻り、海田鼻付近で軽く丘を越えるが追い風基調で楽々と進む。
鳶ヶ崎海水浴場から海沿いの道に入り鳶ヶ崎を抜けようとしたが、道が通じていないためいったん国道に戻って迂回していったが岬には何もなかった。次の大井漁港のを挟んだ対岸にある聖崎公園には海の中に弘法大師の像が立っている。 師崎中学校の先の丘一体は海陽系ウォーターフロントリゾート「チッタナポリ」。昨日から高いビルが見えるなと思っていたが、ここのナポリタワーというリゾートマンションだった。

2008_1224_090330aa_s

2008_1224_090549aa_s

つづきはこちらへ


| | コメント (0)

2009.01.05

08/12/23 知多半島1日目

12/23(火) 蒲郡駅-西浦温泉-蛭子岬-一色-衣浦海底トンネル-半田-知多半島CR-内海 ルート図

2008年最後のツーリングは1泊2日で愛知県知多半島へ。小田原から新幹線で豊橋、東海道線に乗り換えて蒲郡駅まで輪行した。

蒲郡駅を8:30過ぎに出発。蒲郡競艇場前を通り、形原漁港に架かるブルーブリッジを渡る。朝日に照らされる三河湾と対岸に渥美半島が見える。

2008_1223_080827aa_s

2008_1223_083552aa_s

2008_1223_090154aa_s

2008_1223_090157aa_s

つづきはこちらへ

| | コメント (2)

2009.01.03

謹賀新年

20090101

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (3)

【箱根駅伝2009】終了

第85回箱根駅伝も無事終了しました。往路は期待通りの選手が期待通りの活躍をし、復路は各大学の底力を十分に発揮した良いレースでした。

順位予想と結果を以下にまとめます。順位差が5番以内は見逃していただければ、予想と違っていたのは4校、まず駒澤、東海、城西の3校はブレーキ区間があり、その後の区間への繋がりがうまく行っていませんでしたが、今回のサプライズは大東大、どう考えても4位に入るようなデータはありませんでした。
10位のシード権を境にした予想では、大東・学連選抜と駒澤・城西の入れ替わりで、シード権を獲得した各校は実力をほぼ発揮されたと思います。

あと、応援していた上武大と青山大の接戦も楽しかったです。来年は出場校が減りますがぜひ予選会を勝ち抜いて欲しいと思っています。

選手の皆さん、ありがとうございました。

■結果  校名(予想) 差
 1位 - 東洋( 4位) +3
 2位 - 早稲( 2位) 0
 3位 - 日体( 7位) +4
 4位 - 大東(19位) +15
 5位 - 中学(10位) +5
 6位 - 山学( 3位) -3
 7位 - 日大( 5位) -2
 8位 - 明治( 9位) +1
 9位 - 学連(12位) +3
10位 - 中央( 8位) -2

11位 - 国士(16位) +5
12位 - 東農(13位) +1
13位 - 駒澤( 1位) -12
14位 - 専修(17位) +3
15位 - 神大(20位) +5
16位 - 亜細(14位) -2
17位 - 拓殖(15位) -2
18位 - 東海(11位) -7
19位 - 順天(22位) +3
20位 - 帝京(18位) -2
21位 - 上武(21位) 0
22位 - 青山(23位) +1
    - 城西( 6位) -17


| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »