« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.28

高速道路無料化社会実験の自転車における恩恵

今日から高速道路無料化の効果を検証する社会実験が始まりました。
車を保有していない私には直接の恩恵はないのですが、少しだけ期待できることがありました。

今年も夏休みに北海道ツーリングを計画しています。今回は十勝平野を中心に廻る予定で、アプローチは千歳側からなので、日高山脈を越えるのですが、そのルートはR38の狩勝峠とR274の日勝峠があります。

いろいろ見てみると、日勝峠ルートは石狩-十勝のメインルートで大型車の交通量がたいへん多く、「自転車で走るのはお勧めできない」と多くの方が書かれていましたので、片道は狩勝峠越えで、片道は輪行で行くことで考えていました。

しかし更に見ていくと、今では道東自動車道のトンネルが峠を貫いており、昨年には占冠まで延伸して自動車道を利用するメリットが増えていました。
そして、今回の無料化となれば、普通の運転手の方ならば道東自動車道を使うはず。そうなれば2年前の北見峠と同じ状況になり、のんびり気楽に走れるのではないかと期待しています。


写真は北見峠へのR273と旭川紋別自動車道の橋
2008_0816_125342aa_s

| | コメント (2)

2010.06.13

10/06/06 福島ツーリング2日目-磐梯吾妻スカイライン-

中ノ沢温泉-土湯峠-浄土平-不動沢橋-福島駅 60km ルート図 Webアルバム

ツーリング2日目はいい天気になった。8時前に宿を出発。すぐR115に合流して緩やかな坂を登っていく。磐梯吾妻レークラインとの分岐の先で旧国道(現県道30号)に入ると、木に覆われた道をのんびりと進む。
土湯バイパスと交差し、横向温泉スキー場の中を進み、標高1,100mを越えると視界が開け、磐梯山や猪苗代湖が見えてきた。
2010_0606_075744aa_s
2010_0606_080848aa_s
2010_0606_081530aa_s
2010_0606_084800aa_s
2010_0606_093922aa_s

続きを読む "10/06/06 福島ツーリング2日目-磐梯吾妻スカイライン-"

| | コメント (2)

2010.06.12

10/06/05 福島ツーリング1日目-沼尻鉄道跡-

猪苗代駅-川桁駅-沼尻鉄道跡-中ノ沢温泉 22km ルート図

1泊2日の福島ツーリング。メインは2日目の磐梯吾妻スカイラインだが、その前段で沼尻軽便鉄道の線路跡を走った。

沼尻軽便鉄道は1969年、もう40年以上前に廃止されているが、各駅跡に標識が立てられており、当時の雰囲気を考えながら走ることができる。路線、駅の位置などはこちらを参考にした。

沼尻鉄道の始発駅は磐越西線の川桁駅だが、快速は停車しないため一駅先の猪苗代駅へ。直前に雨が降っていて路面は濡れている。まだ近くに雷雲がさまよっているが、青空も見えていたので出発することにした。水田の中を郡山方面へ戻って川桁駅に到着。
2010_0605_143800aa_s
2010_0605_144700aa_s

駅前には立派な記念碑が立てられている。
2010_0605_145911aa_s

続きを読む "10/06/05 福島ツーリング1日目-沼尻鉄道跡-"

| | コメント (0)

2010.06.10

福島ツーリングトピック3-あかべぇ列車-

郡山駅で新幹線を降りて、磐越西線の乗り場へ向かいました。
ホームに降りるエスカレータ横の壁一面が「あかべぇ」でした。会津の赤べこのマスコット。とぼけた感じがお気に入りです。
2010_0605_133922aa_s

3年前にも来たときにもあかべぇ列車に乗車したので楽しみにしていました。あの時とは車両の形式が変わりステンレス車となったので、鮮烈な真っ赤な車両ではありませんでしたが、ドア横にあかべぇがデーンと描かれています。
2010_0605_133904aa_s
2010_0605_143123aa_s

猪苗代駅で下車して、水田の中を抜けている時に、快速「あいづライナー」が走っていきました。こちらは特急用車両の真っ赤な編成でした。
2010_0605_144932aa_s

下は2007年の時の写真です。
Akabe_s

| | コメント (0)

2010.06.08

福島ツーリングトピック2-ブヨに注意-

磐梯吾妻スカイラインの坂道を上っているとき、小さなハエみたいな灰色の虫が何十匹もまとわりついてきました。

手で振り払えど振り払えど一向に離れず、しばらくの間、同行者となっていました。手で振り払っている様子が対向車のオートバイのライダーからは挨拶していると思われたのか、手を振り返されて恐縮しましたが、そんなこんなのうちに気がつくと手首にうっすら血が出ているのに気がつきました。その虫に血を吸われたようです。
ただし、虫が付いてくるのは走っている速度に関係に影響するようで、時速5~6kmで走っているとまとわりつくのですが、時速10kmを越えればついてこれないようでした。

血を吸われた時は特に気にならなかったのですが、昨日の夜になると血を吸われたが計4箇所、半径5cm以上の範囲で腫れ、痒くなり、熱を持ち、膨れてきました。
調べてみると、どうやらブヨ(地域によりブユ、ブトと言われます)だったようです。

ブヨは血を吸うため害虫とも言われていますが、幼虫は清濁な河川でしか生息できないため、水質の指標昆虫にもなっています。たしかに環境的には素晴らしいところでした。血を吸うのは産卵前のメスだけで、栄養を蓄えるために狙っているようで、ちょうどいい獲物がのんびりと走ってきたのでラッキーということみたいです。

夏の北海道でもよく虫にまとわりつかれますので、今後のため防虫スプレーを準備しておこうと思います。

2010_0606_123826aa1_s
この写真はブヨではなく、たまたまGPSに止まったテントウムシ?です。

| | コメント (0)

2010.06.07

福島ツーリングトピック1-新幹線Max輪行-

GWツーリングのまとめが終了していませんが、今回の福島ツーリングも忘れないうちに書き留めておくため、単発ネタで書いていきます。

最初は新幹線輪行についてです。

今回新幹線を利用したのは往路は東京-郡山、復路が福島-東京で、いずれも「Maxやまびこ」でした。

2010_0605_121820aa_s

車両は2階建てのE4系なので、指定席をフラットシート(平屋部分)で予約しました。8両編成のうちフラットシートがついている車両が2,4,6号車のみですが、2号車は自由席、6号車は指定席、4号車は列車によって違います。

往路は6号車の一番後ろの席が取れたので、写真のように2列席の後ろにBD-1を2台入れました。BD-1の折りたたみ形状はサドル部分の幅が狭いので、サドルを互い違いに重ね合わせます。
他の車両ではこの2台重ねでの設置が難しいこともあるのですが、今回は楽に入りました。

| | コメント (0)

2010.06.06

猪苗代-福島ツーリング2日目

2日目。1泊2日ですので最終日です。

今日は今回のツーリングのメイン。磐梯吾妻スカイラインを走りました。
磐梯吾妻スカイラインは猪苗代北方の土湯峠から、福島市西方の高湯温泉を繋ぐパノラマライン。平均標高1350mで、「日本の道100選」となっています。中でも浄土平、吾妻小富士周辺は火山ガスにより草木が生息できないため、殺伐とした景色が広がています。
このコースの最高地点は1,622mですが、昨日宿泊した中ノ沢温泉が700m以上ありますので、約1,000mの上りでした。前半は磐梯山や猪苗代湖の風景を見ながら上り、そして後半は福島市街を見下ろしながらの1,400mのダウンヒル。昨日の不安定な天気から一転して今日は天気も良く、気持ちよく走れました。自転車乗りの方も10人以上いました。(帰宅途中、東海道線車内から)

100606c

| | コメント (0)

2010.06.05

猪苗代-福島ツーリング1日目

福島に来ました。

5月後半は全く走っていなくて、梅雨に入る前にちょっと遠出したいと思い、ちょうどJR東日本のウィークエンドパスの期間なので東北へ。数年前に計画していたコースがようやく実現しました。

一日目の今日は朝はのんびり、東京駅12時過ぎの新幹線で郡山乗り換えの磐越西線、あかべぇ列車で猪苗代駅に15時前に到着。今日のコースは40年前に廃止された沼尻軽便鉄道の廃線跡がメインです。

磐梯山を仰ぎ、水田の中を行くとても美しい道でしたが、大気が不安定で晴れていると思いきや、雷鳴が轟きはじめて雷雨にあたりながらも、2時間ほどで中ノ沢温泉に無事到着しました。ここの温泉は肌にピリリとくる酸性温泉です。お腹がすいていたので夕食もペロリと。なかでも馬刺が美味しかったです。

100605cb


| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »