« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.22

「箱根駅伝」不可能に挑んだ男たち

2011_0122_223125aa_s

新年が始まり1月も3分の2を過ぎましたが、箱根駅伝の余韻に浸りつつ読んだ本です。
3年前に発刊された本ですが、箱根駅伝の全コース生中継に挑戦するテレビチームの奮闘を記したノンフィクション。

いまではすっかり正月の風物詩となった箱根駅伝ですが、日テレで放送が開始されたのは意外に最近の1987年、第63回大会からでした。箱根駅伝のTV中継には、数多くのスタッフが正月返上で準備をしていることは、以前にTVで少し紹介されたことがあり、箱根の中継スタッフの奮闘ぶりを見て感動しました。

この本は、箱根駅伝の中継の発端から、多くの苦難、トラブル、試行錯誤を経て、ようやく実現にこぎつけるまでの経緯が詳しく書かれています。箱根の山中からの生中継を行うためのマイクロ波送信についての技術的な苦労や、なにかと批判の多い「今昔物語」へのスタッフの想いなど、これまで知らなかったこと、気づかなかったことも数多くありました。

2日間、往復214kmの競技に、どれほどの多くの人の多くの思いが込められているのかが実感できます。

箱根駅伝ファンにはお勧めの1冊です。



| | コメント (0)

2011.01.17

11/01/10 浜松・御前崎・焼津

浜松-浜松御前崎CR-御前崎-焼津 108km 晴 ルート図

今年の走り初めは、浜松から海岸線を東へ向かうこととした。このルートは数年前に藤枝から御前崎経由で浜松へ行く予定だったが、途中で自転車道が砂に埋れていたため内陸のルートで浜松へショートカットした。今回はそのリベンジでもある。今回も御前崎経由で焼津まで行く予定で、距離は100km以上と考えられるので、前日入りして早朝から走ることとした。

8:00に宿を出発し、アクトタワーを背にますは海へ向かう。遠州灘海浜公園で米津の浜に出ると、眩しく輝く太平洋が広がる。締まったダートで東へ向かえばすぐ中田島砂丘に出る。砂丘を廻り込むように進み、遠州灘大橋を渡って清掃工場の脇を海へ向かえば浜松御前崎自転車道に出る。

2011_0110_080512aa_s
2011_0110_083012aa_s
2011_0110_083415aa_s
2011_0110_084237aa_s

続きを読む "11/01/10 浜松・御前崎・焼津"

| | コメント (0)

2011.01.10

浜松・御前崎・焼津

今年の初走りです。

今日は寒くなるとの事だったので、少しでも暖かい方へと思い浜松へ。そこから海岸線に沿って御前崎を周り最後は焼津駅までの約110km。

天気は最高で、以前走りそこねた浜松御前崎自転車道も走ることができましたが、静岡もかなり寒かったです。

110110c_s


| | コメント (4)

2011.01.03

第87回箱根駅伝(2011)結果

第87回箱根駅伝。早稲田大学が優勝し今年度の大学駅伝三冠を達成しました。

総合順位 学校名(予想順位)

1位 早大(2)
2位 東洋(1)
3位 駒大(3)
4位 東海(7)
5位 明大(5)

6位 中央(6)
7位 拓大(9)
8位 日体(4)
9位 青山(10)
10位 国学(19)

11位 城西(14)
12位 山学(8)
13位 帝京(12)
14位 農大(13)
15位 神大(18)

16位 中学(17)
17位 専大(20)
18位 学連(16)
19位 上武(15)
20位 日大(11)

今回はほとんどの選手が予想をはるかに越える力を見せてくれました。
予想タイムを下回ったのは日大のみで、ほとんどの学校が予想より10分以上早い記録でした。

なにしろ前回86回大会の記録と比較すると、
5位明大まで去年優勝の東洋より早く!
12位山学まで去年2位の駒沢より早く!
18位学連は10位シード権内に入り!
20位日大でも14位となる記録です。

全体のレベルが上がり、次回大会では予選からさらに厳しい戦いとなることでしょう。
また来年を楽しみにしています。

2011_0103_110302aa_s
2011_0103_105935aa_s


| | コメント (3)

2011.01.02

箱根駅伝・藤沢ポイントの力走

あけましておめでとうございます。いよいよ箱根駅伝が始まりました。
3区藤沢ポイントで応援してきました。

2011_0102_103623aa_s
2011_0102_103659aa_s
2011_0102_103710aa_s
2011_0102_104003aa_s


| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »