« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.26

BD-1輪行時のチェーン脱落防止(3)

久しぶりのBD-1ネタです。

2007年7月の、「BD-1 輪行時のチェーン脱落防止(2)」から、3年が過ぎて、その間にBD-1も2代目に代わりましたが、チェーン脱落防止対策を少し変更しました。

元はといえば、チェーンリングをノーマルから小さいもの(44T)に変更しているため、折りたたみの時にチェーンが脱落しやすくなっています。前回までに、ある程度は対策したのですが、結果的には折りたたみの時にチェーンがうまく収まらなかったり、輪行中にチェーンが外れたりと今一つでした。

そこで久しぶりに改良をしました。従来の対策としていたミノウラのスインググリップの先端から更に金具を継ぎ足し、タイオガのフロントバッグホルダーの部品を付けたものです。

2011_0226_152510aa_s
2011_0226_152525aa_s

これで従来よりもさらにチェーンテンションを掛けて、輪行時にチェーンが外れないようにしました。
増築に増築を重ねて見苦しくなっていますが、実用上は問題なく使えています。

2011_0226_152622aa_s
2011_0226_152646aa_s

| | コメント (0)

2011.02.25

日本一周海岸線サイクリング

「どこでもドアSS」のさくまさんが宣言した、「海岸線 を漕いで日本一周(予告)

はたして、走行距離はどんだけなんだろうと気になったので、確認しました。

■サンプル-愛媛県佐田岬半島周辺-
Sealine_s

海岸線道路の連続ルートと、海岸線だけど途中で行き止まりになる道、そこそこの半島で一本道で往復するような道、大きな島、などなど距離を求めたところ、

日本一周海岸線サイクリングの総延長は、約

★ 17,000km ★

でした。

日本の海岸線距離は、理科年表によると約34,000kmですので、道で辿るととほぼ半分。気分良く走れる所も多いですが、サンプルの愛媛県などはアップダウンが多くてきつそうです。でも景色は最高。

都道府県、島ごとの距離は次のとおりです。北海道は別格としても、上位の県は驚くような距離です。

私はこのうちどれだけ走れるのかなと考えてしまいますね。

-----------------------
■都道府県、島ごとの海岸線サイクリング距離一覧

総計 約17,000km

北海道 2,650km
愛媛 820km
長崎 730km
鹿児島 680km
青森 680km
山口 610km
岩手 500km
熊本 500km
静岡 470km
高知 470km
沖縄 460km
広島 460km
石川 430km
三重 400km
宮城 390km
大分 370km
島根 340km
奄美 340km
千葉 340km
福岡 330km
和歌山 320km
福井 300km
新潟 290km
愛知 250km
徳島 250km
対馬 240km
宮崎 230km
秋田 230km
京都 210km
神奈川 210km
佐渡 210km
佐賀 200km
香川 180km
岡山 180km
兵庫 170km
茨城 160km
淡路 160km
福島 150km
鳥取 150km
種子島 140km
富山 110km
屋久島 90km
山形 80km
兵庫 70km
隠岐 70km
大阪 70km
東京 50km
利尻 50km
伊豆大島 40km
礼文 40km

| | コメント (0)

2011.02.19

四国ツーリングトピック01-サンライズツイン輪行-

四国ツーリング。往路は寝台特急の「サンライズ瀬戸」で高松まで輪行しました。

2011_0209_214540aa_s

寝台はサンライズツイン。2階建て車両の階下に部屋があるので、通路から数段の階段を降りるのですが、BD-1を室内に入れるまではちょっと難儀しました。

ベッドの間にBD-1が2台置くことができるかもちょっと不安だったのですが、すんなりと入りました。ただし、ドアが内開きなので出入りするにはちょっと狭くなります。

2011_0209_215001aa_s
2011_0209_215029aa_s

寝酒を飲んで、列車に揺られ、目を覚ますと岡山駅。瀬戸大橋を渡り四国に入ります。7時半に高松駅に到着。駅構内の「連絡船うどん」でさっそく讃岐うどんをいただきました。
2011_0210_073106aa_s
2011_0210_074020aa_s


| | コメント (1)

2011.02.13

室戸岬

今日は宍喰温泉から室戸岬をぐるりと回って、最後は安芸から輪行で高知まで来ました。

110213c_s

今回の一番の目的地、室戸岬へは宍喰温泉から45km。国道55号線は絶景のルートでした。
追い風に乗って室戸岬には昼前に到着。風の強いことで知られる岬ですが、今日は穏やかな気候で天気も良く、水平線を眺めると地球が丸いことを実感できます。

室戸岬からさきは北西へ進むのでここからは向かい風。西岸は街も多く、古い街並みの旧道を抜けながら進みました。

90kmを越えて体力の限界となり安芸から輪行で高知にでて宿へ。明日帰りますが、明朝も雪の予報。走れるかな。

| | コメント (3)

2011.02.12

日和佐・千羽海崖

今日は徳島県を南下しました。今日はまずまずの天気で良かったのですが、パンクに悩まされました。

110212c_s

朝出発しようとしたところいきなりパンクを発見。徳島駅から輪行する予定だったので、車内でパンク修理しました。
そして牟岐線の由岐駅からスタート。まずは日和佐へ向かいます。数km走ったところで再びタイヤがフニャフニャに。さっきのパンクのところが再発し、よく見たらタイヤに針金状のものが埋まっていました。

日和佐で薬王寺を訪れた後は、今日のメインの千羽海崖へ。とてもいいコースで感激しました。ところがその途中で今日3回のパンク。今度は植物の棘が刺さっていました。
どうやら昨日の雪中走行のときにタイヤが硬くなったため、細かん傷がいくつもできたことが原因と思います。

予定より遅れましたが、日没前にはゴール。3日目となると疲れがピークになります。

| | コメント (0)

2011.02.11

高松・鳴門

四国ツーリング2日目。今日は高松から徳島まで走る予定でしたが、雪のため大幅な予定変更となりました

110211c_s

今朝の高松は積雪5cmで25年ぶりという天気となりました。とりあえず様子をみるつもりでスタートしたところ、高松市街はそれほど雪がなかったので、これなら大丈夫かと思い、予定のルートを進みました。

しかし、内陸へ入っていくと次第に積雪も増し、道端の雪も多くなり、さらには雪というか氷の粒が顔に当たってきたので断念。列車で今日の宿の徳島へ向かいました。

徳島へは13時過ぎに到着しましたが、天候も回復してきたので、予定ルートを逆に向かう形で鳴門方面へ。徳島鳴門自転車道経由で、淡路島と結ぶ大鳴門橋のたもとのまで行きました。このころにはすっかりいい天気となりましたが、気温はかなり低めでした。今日一日はほとんど訓練みたいでした。

明日は南へ向かうので少しは天気も良い方向みたいで期待しています。


| | コメント (0)

2011.02.10

小豆島一周

110210c_s_2

今日は小豆島を一周しました。

サンライズ瀬戸で高松駅に着き、高松港からフェリーで小豆島の池田港へ。そこから時計回りで小豆島を一周、約60kmでした。

午前中はそこそこ晴れていたのですが、午後からは曇り空となり、気温がぐんぐんと下がってきました。

フェリーで高松に戻って宿に入りましたが、今晩は雪が降るしれないとのこと。明日の予定は朝の天気次第となります。

| | コメント (0)

2011.02.09

サンライズで出発

2月の連休ツーリングに出発です。

P1130595_s

P1130605_s

BD-1も、うまいこと収まりました。

| | コメント (0)

2011.02.02

Google Earth・Google Mapへの写真投稿

Pano1_s

Google EarthやGoogle Mapで写真を表示する設定にすると、地図上に写真が表示されます。
これらの写真はPanoramioという写真共有サイトに登録された位置情報付きの写真から、 Google Earth 掲載用に選ばれたものです。

選ばれたとは言っても、素晴らしい写真ということではなく、公開の指針(人物、乗り物などがメイン、屋内の風景、芸術的すぎるものはNG)に沿ったものであれば何ら問題はありません。

Panoramioへの投稿が、Picasaウェブアルバムから簡単にできることを知り、昨年末からぼちぼちと作業をしてきて、10年間のサイクリング写真(約2,500枚)のUPが一通り終了しました。

Pano2_s

UPして2~3日後には審査を受けて、Google Earth・Google Mapに表示されるようになりますが、有名観光地にはすでに数多くの写真が登録されていて、かなりズームアップしないと自分の写真が表示されません。
そこで、なるべく登録されていない地域の写真を中心に狙いました。ほとんどが道路の風景写真になってしましましたが、競争相手が少ない分、広範囲の地図上でも表示されやすくなっています。

お暇なときに、Google Earth・Google Mapで私の写真を探してみてください。(上の北海道・道北の写真のうちの一枚にも入っています。)

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »