« 第90回箱根駅伝(2014)復路 | トップページ | 紀伊半島ツーリング1日目 »

2014.01.04

第90回箱根駅伝(2014)結果

2014_0103_105618ab_s

第90回箱根駅伝も無事終了しました。選手、部員、スタッフ、関係者の皆さん、今年もありがとうございました。
それでは今回予想からの検証を行います。

※()内は「第90回箱根駅伝(2014)順位予想12/10版」の予想順位と予想タイム。△▼は予想タイムとの差で、△は予想以上、▼は予想以下を示します。

■1位 東洋大 10:52:51(予想1位 11:01:13 △7分22秒)
予想タイムは10000mとハーフタイムの記録から算出しているので、実力通りの力を出せばほぼ予想タイムに近くなると考えられる。気象条件により大きく左右されるが、今年は穏やかな条件だったので全チームを平均すると予想タイムに近い結果となった。
しかしながら、そんな中で東洋大の結果は、想タイムから7分も早く、当然全チームトップであり、とても太刀打ちできることができない貫禄の優勝だった。

■2位 駒澤大 10:57:25(予想2位 11:01:01 △3分36秒)
これだけの走りをしても2位?というのが率直な感想。どこにもブレーキがあったわけでもなく、総合11時間切りのタイムであるので実力以上を十分に出せていたと思う。全然悪くはなかったが、東洋の「その1秒をけずりだせ」に僅かにかなわなかった。
それにしても東洋・駒澤の2校が早すぎて、見ている方からは順位変動のドキドキ感が減ってしまうのが残念だ。

■3位 日本体育大 11:03:51(予想4位 11:06:42 △2分51秒)
1区でまずトップになり、一度下がっても最後には抜き返してくる。全体的に高い実力があることを感じられた。

■4位 早稲田大 11:04:17(予想3位 11:05:01 △44秒)
早稲田を3位予想した人は少なかったと思う。さらに5区山本の欠場から、シード権もどうかと思うようなエントリーとなったが、2区高田の区間賞で3位。その後も3位をキープしていて最後に4位になってしまったが、来年に期待が持てる。

■5位 青山学院大 11:08:53(予想9位 11:15:02 △6分9秒)
久保田がいなくてもこの結果。予想タイムから6分9秒もの差は東洋に続いて2番の記録だ。

■6位 明治大 11:10:09(予想5位 11:08:22 ▼1分47秒)
毎年いいところまで上がるのだけれど、どこかにブレーキが出てしまう。9区時点では1位~5位まで予想通りだったので最後は惜しかった。

■7位 日本大 11:12:52(予想10位 11:15:58 △3分6秒)
一番驚いた結果。5区のキトニーのかっこを見て、これはだめだなと感じたが、そこそこの往路結果からさらに復路で順位を上げてきたのにはびっくりした。自宅の最寄り観戦箇所が日大の応援箇所でもあるので、来年も頑張って欲しい。

■8位 帝京大 11:13:03(予想6位 11:12:35 ▼28秒)
順位は予想より低かったが、往路でシード外にに沈んでしまったので心配だったが復路は頑張り、シード権も回復。

■9位 拓殖大 11:13:06(予想13位 11:18:44 △5分38秒)
巷の予想では私の予想の13位よりもかなり低かったけれど、なんと9位、予想タイムから5分半のアップは3番目の記録、今回のサプライズだったか。

■10位 大東大 11:14:43(予想15位 11:19:42 △4分59秒)
嬉しいシードゲット。来年は市田兄弟も4年、いまだに見た目で区別がつかないので、ぱっと見ても見分けができるように頑張ろうと思う。

■11位 法政大 11:15:33(予想8位 11:14:28 ▼1分5秒)
惜しくもシード取れず。今回は中位校の実力が均衡していた。

■12位 中央学院大 11:15:40(予想17位 11:20:41 △5分1秒)
なんとかシード権をと喰らいついていたが、僅かな差で涙をのんだ。

■13位 東海大 11:17:52(予想11位 11:16:52 ▼1分0秒)
シード権は十分に狙えたのに残念だった。それにしても総合13位なのに最後の鶴見中継所で繰上スタートとなってしまうほど、上位との差がひらいている。

■14位 東京農業大 11:18:02(予想16位 11:20:05 △2分3秒)
かつての上武大の例もあって、予選会トップ通過校は本選ではいまいち結果を残せていないことが多い。予想以上のタイムだったが、シード権までは至らなかった。

■15位 中央大 11:18:43(予想14位 11:18:47 △4秒)
昨年の5区棄権から、予選会もギリギリ通過で不安だったけれど、皆が実力を十分に出し切れた結果だと思う。伝統校として来年は予選会を楽々と突破してきて欲しい。

■16位 順天堂大 11:19:03(予想21位 11:23:16 △4分13秒)
往路は9位、11位、13位、15位、19位と下がっていきましたが、復路で回復。

■17位 國學院大11:20:44(予想18位 11:20:58 △14秒)
順位、タイムとも予想通り。寺田が卒業後の話題が欲しい。

■18位 神奈川大 11:23:47(予想20位 11:22:43 ▼1分4秒)
神大もほぼ予想通り、若い選手が多いので来年に期待だ。

■19位 城西大 11:25:42(予想12位 11:17:21 ▼8分21秒)
予想タイムから8分遅れと、今回一番残念だった結果。

■20位 上武大 11:25:56(予想23位 11:24:50 ▼1分6秒)
個人的にいつも期待している上武大。3本柱が期待通りの結果を残して3区まででなんと9位!。感激しました。
最終的には20位でしたが、予想タイムとほぼ同じだったので、実力は出せたと思います。
来年は実力+αを期待しています。

■21位 専修大 11:28:39(予想19位 11:21:53 ▼6分46秒)
1区2区3区で下位に沈んでしまって、あとはなんとなくそのまま最後までいってしまった感じ。

■22位 国士舘大 11:38:35(予想22位 11:24:17 ▼14分18秒)
2本柱の1区2区で沈んでしまって、その後も最後尾で遅れるばかりだったが、復路の8区からは望みが出てきた。
TVで見ていると「国士舘」の文字がどこでも一番大きく見られ、一番応援が多かった。

■棄権 山梨学院大(予想7位 11:14:22)
途中棄権となってしまったが、もしオムワンバが仮に2区を1:08:00で完走していたら(今回の2区区間記録は1:08:18なので余裕なタイムと考えられるが)、総合記録は11:10:08で、6位明大に1秒差で6位となった可能性があった。レバタラ論ではあるが、9人が残した結果は評価されるべきと考えたい。でも次回の予選会の競争が厳しくなったであろう。

---------------------------------------

第91回箱根駅伝まで、あと360余日。エクセルデータから現4年生が消えていき、新たに1年生が書き込まれて、また順位予想を行います。それではまた。

20140103_235614

箱根駅伝」カテゴリの記事

|