« 14/04/26 多摩・中津川 | トップページ | 12/05/03 石見ツーリング1日目-石見空港から浜田 »

2014.05.10

BD-1・輪行袋の更新と改良

長いこと使ってきた輪行袋がボロボロになったので、新品に変えました。

2014_0510_152652aa_s

おなじみの「ちび輪バッグ(ネイビーブルー)」ですが、「輪行コロ」用に改良します。

廃品バッグから取っておいた型崩れ防止用の板を利用して写真のプレートを製作。必要な大きさにカットし、穴あけ加工をします(写真は試作品のため一部実物と異なります)。板は柔軟性があるので平面でなく少し曲げておきます。理由は後ほど。

2014_0510_152252aa_s

完成したプレートを輪行袋内側の底面、輪行コロが乗る位置に配置します。(写真は完成後)

2014_0510_151556aa_s

プレートと輪行袋をカシメで固定。カシメをするのは初めてだったので、プレートと布の合わせに少したるみができてしまいました。

2014_0510_151604aa_s

プレートの切込み箇所に合わせて袋もカットします。今は切りっぱなしなので糸がほつれています。

2014_0510_151636aa_s

さてBD-1、ここ最近はほとんど変わっていませんが、今回はこのために輪行コロ(「輪行コロType-6B」)にL字金具を一つ追加しました。車輪の間にある黒い金具です。

2014_0510_151106aa_s
2014_0510_151159aa_s
2014_0510_151439aa_s

輪行袋に入れる方法。輪行コロのL字金具をプレートの切込み部分に差込み、奥まで移動させます。プレートの切込みがL字金具の角に入ることで固定されます。(もう一箇所輪行コロの金具の凸部分も使ってずれないようにしています)

2014_0510_151810aa_s
2014_0510_151753aa_s
2014_0510_151836aa_s

輪行袋に入った状態。車輪の底部(高さ1cmほど)が袋から顔を出す形となります。L字金具はプレートと輪行袋の間に挟まるので外には出ません。
プレートの位置がちょうど袋の角の位置となることが、プレートを曲げておいた理由の一つです。

2014_0510_151950aa_s
2014_0510_152032aa_s
2014_0510_152054aa_s

最後は輪行袋をケースに収納するとき。収納時はプレートが外側になるようにして畳んでいき、最後に丸めれば付属のケースにそのまま収まります。プレートを曲げておくもう一つの理由はケースに入れやすくするためでした。

2014_0510_152452aa_s
2014_0510_152559aa_s
2014_0510_152652aa_s

今回の改良ですが、8年前「輪行袋コロ(試作) for BD-1」に思い立って作ってみたけれど挫折していました。今回ようやく実現したことになります。

早速GWツーリングで初使用。藤沢駅、羽田空港、萩・石見空港(写真上)、志和口駅(写真下)、広島駅などで移動しました。
ほぼ満足でしたが、移動中にはずみでプレートがずれたことがあり、もう少しプレートの固定をしっかりさせる必要があることがわかりました。

2014_0503_130830aa_s
2014_0506_124912aa_s

BD-1」カテゴリの記事

|