« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.18

14/08/13 蔦温泉から青森

8/13(水)晴 蔦温泉-傘松峠-酸ヶ湯温泉-八甲田ロープウェイ-青森 49km ルート図

東北ツーリングも最終日。初日から台風の影響で雨がちの天気が続いてきたが、ようやく朝から天気の良い日を迎えることができた。

朝風呂にも入り、7:45に蔦温泉を出発。木々の間に蔦沼を眺めながら八甲田山へ上り始める。
R103、標高500mを越えた森の中は涼しいけど、坂を上り続けていくと汗が出てくる。蔦トンネル、蔦川の沢・仙人橋へと進む。まだ朝早いので行き交う車も少ない。

2014_0813_074548aa_s
2014_0813_074720aa_s
2014_0813_080930aa_s
2014_0813_082748aa_s

続きを読む "14/08/13 蔦温泉から青森"

| | コメント (0)

2014.09.11

14/08/12 十和田湖・奥入瀬渓流

8/12(火)曇 十和田湖-御鼻部山-子ノ口-奥入瀬渓流-蔦温泉48km ルート図

早朝の十和田湖。低い雲が南から北へ次々と通りすぎ、時々雨を降らせていた。
今日のルートは3日目にしてようやく当初の計画通りに。十和田湖を反時計回りに北側の御鼻部山周りで子ノ口へ。奥入瀬渓流を散策してから八甲田山側に少し上った先の蔦温泉がゴールになる。
8時にスタート。湖の北西岸は湖畔沿いの平坦な道が続く。

2014_0812_063122aa_s
2014_0812_063130aa_s
2014_0812_080106aa_s
2014_0812_080912aa_s


続きを読む "14/08/12 十和田湖・奥入瀬渓流"

| | コメント (0)

2014.09.03

14/08/11 花輪・尾去沢鉱山から十和田湖

8/11(月)曇り時々雨 花輪-尾去沢鉱山-発荷峠-十和田湖 52km ルート図

台風11号は次第に速度を上げ10日夜の時点で佐渡沖に、今朝には奥尻沖まで進んでいる。 それならば台風一過の晴天になると期待したのだけれど、台風に引きづられるように前線が東北地方に足を伸ばしているため、今日も雨がちになるとのこと。

今日の当初の予定は午前中に小坂町へ行き、午後に十和田湖に向かう予定だった。だけど初日からの予定変更で小坂町は昨日のうちに行ってしまったので、その代替として午前中は尾去沢鉱山へ行くこととした。(尾去沢鉱山探訪のきっかけは少し後で)

朝方はまだ雨。それでも強い雨が通り過ぎるのを待ち、しっかりと雨装備をして9時に距離5km、標高差200mの尾去沢鉱山へ出発。
花輪から大館へのルートとなる県道66号は、茶色い濁流の米代川を渡ると花輪の西に座する山へと入っていく。急坂に住宅、商店、公共の施設が続いている。ここ一帯は尾去沢鉱山関連の集落だったところだ。

2014_0811_090104aa_s
2014_0811_090552aa_s
2014_0811_091355aa_s

街を抜けると、茶色い地肌の山が近づいてくる。県道を離れて鉱山に続く谷間に下ると、尾去沢小学校跡地や、かつては大型の施設があったであろうグラウンドほどの大きさの平らな草地が点在する。
鉱山の中心地、精錬所(昭和41年操業停止)と、トレードマークだった大煙突が山に聳えている。

2014_0811_092101aa_s
2014_0811_093006aa_s
2014_0811_093130aa_s

「尾去沢鉱山」。今日、ここに来ることになったのは、昨日十和田南駅から小坂町へ向かう途中で、相方が「尾去沢」行きのバスを見たことがきっかけだった。小さい頃に社会の授業で「尾去沢鉱山」について習ったという。私にとってはまったく初めて聞く地名だったが、調べてみると歴史のある鉱山で、遺跡も多く坑道見学もできるという、とても心をくすぐられる所。迷うことなく訪れることとした。

続きを読む "14/08/11 花輪・尾去沢鉱山から十和田湖"

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »