« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.25

14/11/03 壱岐佐賀4日目

11/3(月)晴 武雄-佐賀バルーンフェスタ-佐賀駅 36km ルート図

壱岐佐賀ツーリング4日目。最終日にしてようやく朝からすっきりと晴天。
だけど今日は午前中まで。佐賀方面に向って、適当なところで輪行して福岡空港へ向かうこととなる。

御船山観光ホテルを出発。武雄温泉街をぐるりと周って、第1目的地の肥前山口駅へ。
県道24号からR34と、長崎街道を行く。旧道の細い道を辿りつつ、快調なペースで進む。

2014_1103_081344aa_s2014_1103_082524aa_s2014_1103_085114aa_s2014_1103_085548aa_s

続きを読む "14/11/03 壱岐佐賀4日目"

|

2014.11.21

14/11/02 壱岐佐賀3日目

11/2(日)晴一時雨 唐津-唐津くんち-伊万里-大川内山-有田-武雄 74km ルート図

壱岐佐賀ツーリング3日目。
佐賀県唐津。今回ここで宿泊したのは壱岐島、伊万里、有田の経由地として考えていた。ところが数日前に佐賀の観光ガイド本を見ていたら、唐津くんちの前日~当日朝になることを発見した。
11/2(今日)の夕方から祭りが始まるので残念だなと思っていたが、調べてみると「朝ヤマ」といって当日の朝から曳山を展示場から各地区に移動させることを知った。

朝6時「エンヤエンヤ」の声が聞こえる。まだ外は暗い。ホテルの10Fの窓から下を見ると、提灯が付けられた曳山が通りすぎていく。江川町の曳山である。その後も遠くから別の「エンヤエンヤ」の声も聞こえてきた。

2014_1102_060246aa_s

8時に出発、まずは各地区の様子を探る。曳山巡航のコース、地図から各地区のポイントを見て回った。上屋が組み立てられているが、まだ曳山のない地区もあったが、数地区の曳山がすでに到着していた。
一回りした後、曳山展示場へ。唐津くんちの代表的な曳山である五番曳山「鯛」はまだ展示場内にいたが、後ろの扉が開けられていて、準備が始まっていた。

2014_1102_074222aa_s
2014_1102c2_s

江川町に行ってみると、曳山はカバーに覆われていたが、道路には今朝移動した車輪の跡が白くくっきりと残されている。

2014_1102_082448aa_s

再び曳山展示場に戻ると鯛は屋外に出ていて、いよいよ出発の模様。前後左右から写真をたくさん撮る。本番ではそうそう近づけないだろうから貴重な体験だった。そして出発。子どもたちに引かれながら魚屋町まで1kmほど。自転車で並走しながらついていった。

2014_1102c1_s

続きを読む "14/11/02 壱岐佐賀3日目"

|

2014.11.18

14/11/01 壱岐佐賀2日目

11/1(土) 雨 壱岐島荘-猿岩-勝本港-芦辺港-はらほげ地蔵-一支国博物館-原の辻遺跡-印通寺港…唐津東港-唐津 57km ルート図

壱岐佐賀2日目。今日から本格的に行動開始なのだけれど天気予報は雨。東北にある低気圧から西へ長く伸びた前線がちょうどこの近辺まで伸びている。
今日は島内を周り、夕方にフェリーで離島する。コースは決めていないので天気次第でその都度判断することにした。

壱岐島では毎年サイクリングイベントが開催されている。そのため、交通機関や宿泊施設での自転車の扱いは慣れている様子だ。ちなみに昨日博多港で購入した「しまとく通貨」は宿泊料にも利用できる。それなら昨日もっと買っておけば良かったとちょっと残念。

玄関先で雨装備をして出発。岬に入り猿岩の手前に黒崎砲台跡がある。太平洋戦争時の砲台でかなりの威力があり、砲塔の穴が上から覗けるがとても大きい。

2014_1101_081812aa_s
2014_1101_085442aa_s

そして猿岩は壱岐島一番の名所。その名の通り、横を向いたお猿さんの姿そのもの。瞑想しているようにも見える。ただし展望台から少し進んで角度を変えるとただの岩となってしまう。

2014_1101_084304aa_s
2014_1101_090434aa_s

続きを読む "14/11/01 壱岐佐賀2日目"

| | コメント (0)

2014.11.12

14/10/31壱岐佐賀1日目

10/31(金)曇時々雨 羽田空港…福岡空港…博多港…壱岐島郷ノ浦港…国民宿舎壱岐島荘 0km ルート図

11月、連休がらみの4日間で壱岐島と佐賀のツーリング。

初日は壱岐島までほぼ移動のみ。羽田空港11:30発のANA251便で福岡空港へ。この9月から離着陸時も電波を発しない機器が使用できることになったので、GPSをずっと眺めつつ(下界は雲に覆われていたこともあり)、定刻の13:25に到着。
手荷物受取場で自転車受け取ると、なぜか袋に入った仕事用(工事用)のヘルメットがぶら下がってついてきたが、荷物も終わり近かったので、無事近くにいた持ち主に戻っていった。

空港からはそのままタクシーで博多港へ向かう。裏道を通って約25分で博多港に到着。ここは今年2月に志賀島から船で到着した港でよく覚えている。
ここから九州郵船のジェットフォイルで壱岐島へ渡る。出航の1時間前から窓口が開き、乗船名簿を書いて購入。燃料油価格の調整金1,080円が加算されて、1人5,120円!。

予定では壱岐島に着いたら10kmほど自走で宿へ向かう予定にしていたけど、雨の予報になってしまったので電話で送迎を頼んだ。

2014_1031_142142aa_s
2014_1031_144830aa_s
2014_1031_144558aa_s

待ち時間の間に、長崎県の離島で利用できる「しまとく通貨」を買う。5,000円で6,000円のしまとく通貨となるので、かなりお得である。(後になってもっと買っておけばよかったと思うこととなる)

2014_1031_142202aa_s
2014_1031_144622aa_s

続きを読む "14/10/31壱岐佐賀1日目"

| | コメント (0)

2014.11.05

全日本大学駅伝(第46回/2014)結果

全日本大学駅伝(第46回/2014)の結果まとめです。生放送を見られずVTRもまだ途中までですが、各種情報から確認した内容を含めてコメントをします。

結果と予想の順位を色別で表示しました。また予想タイムとの差については、予想より早かったチームは青字で、遅かったチームは赤字です。

20141105

結果全体を見てまず気づくこと、ほとんどのチームが予想タイムより遅れていました。湿度が高かったことや向かい風などの気象条件が厳しかったことと思います。

優勝は駒大、圧勝でした。一度先に行かれてしまうと、もはや追い付くことが不可能な強さでした。

上位では予想の1位~3位グループ、および4位~7位グループが予想通りでしたので、今シーズン力のあるチームが明らかになったと思います。

6位までのシード権を逃した中で、京都産業大が12位に入りました。正直、関東の大学が上位独占だと考えていましたので、びっくりでしたが素晴らしい活躍です。

予想13位で結果も13位の上武大。ここ3年ほど予想順位に近い結果が続いています。良くも悪くも期待を裏切りませんが、いつか爆発することを期待したいです。

18位京都大。1区の平井選手の快走を引き継ぎ、予想順位、タイムとも大幅に上回る結果でした。

23位信州大。予想タイムから5分16秒を上回る、今大会一番活躍したチームと思っています。(私は信州生まれですので贔屓目もありますが)

あと、村山兄弟の「第1中継所・高速クロス襷渡し」は永久保存版にしてスローで楽しみたいシーンでした。

以上、全日本大学駅伝のまとめでした。箱根駅伝まであと58日です。 → 「箱根駅伝コース地図」

|

2014.11.04

第91回(2015)箱根駅伝予選会 結果

ずいぶん遅れてしまいましたが、箱根駅伝予選会の結果まとめです。

20141104

結果と予想の順位を色別で表示しました。また予想タイムとの差については、予想より早かったチームは青字で、遅かったチームは赤字です。

上位4校(神大、国学院、東海、山学)まではほぼ順当な結果に、中央学院大は素データに誤りがあったのですが、それでも予想以上の結果でした。

上武大は期待通り。城西大は個人トップの村山(弟)次第では危ないところでした。
創価大は初めての予選通過です。

残念ながら予選通過が叶わなかった各校。東農大、法政が見られないのは寂しいです。
日本薬科大と桜美林大は若いチームですので、来年以降に期待して記録を表示しました。

箱根駅伝まであと59日です。 → 「箱根駅伝コース地図」

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »