2014.05.10

BD-1・輪行袋の更新と改良

長いこと使ってきた輪行袋がボロボロになったので、新品に変えました。

2014_0510_152652aa_s

おなじみの「ちび輪バッグ(ネイビーブルー)」ですが、「輪行コロ」用に改良します。

廃品バッグから取っておいた型崩れ防止用の板を利用して写真のプレートを製作。必要な大きさにカットし、穴あけ加工をします(写真は試作品のため一部実物と異なります)。板は柔軟性があるので平面でなく少し曲げておきます。理由は後ほど。

2014_0510_152252aa_s

完成したプレートを輪行袋内側の底面、輪行コロが乗る位置に配置します。(写真は完成後)

2014_0510_151556aa_s

続きを読む "BD-1・輪行袋の更新と改良"

|
|

2012.06.24

輪行コロ取っ手Type3

ずいぶん久しぶりとなりますがBD-1輪行コロの記事です。

ねこBDの輪行用取っ手は、S字形のフックにウレタンチューブを通したものを使ってきました。(下写真)
Tottes_s

今回、数年振りに変更しました。基本的な構成はType2B(後述)と同じで、まずはヘッドに水道用バンドで固定金具を取り付けます。持ち手はU字金具に前回同様ウレタンチューブをかませて固定金具に付けました。
取っ手がフレームと完全に固定されるため、転がすのに少し楽になったようです。ただし、ボルト一点支持の箇所の耐久性には少し不安が残ります。
2012_0624_104356aa_s
2012_0624_104412aa_s

(参考)輪行コロ取っ手Type2B兼リクセンフロントこちらはBD-1本体は変わっただけでその他は変わっていません。
金具とケーブルとの干渉、バッグ取付時にハンドルとの干渉など細かな不満はありますが、5年間、輪行200回以上使ってきていますが問題なく使えています。
2012_0624_104518aa_s

| | コメント (0)
|

2011.05.30

BD-1フィッシュボーンの破損防止(2)

BD-1フィッシュボーンの破損防止」の続きです。

土日は雨だったので、ガラクタ袋の底まで探して、より適応する金具を見つけて取り替えました。
フィッシュボーン全体を外側から防護するように角度を調整しますが、取り外しのためのフィッシュボーンと金具の間に必要な2~3mmの隙間は固定部のワッシャーで調整しました。

これなら外側、内側、上下からの攻撃にも、ある程度は防護できる感じはします。

2011_0529_151431aa_s

 

| | コメント (0)
|

2011.05.28

BD-1フィッシュボーンの破損防止

BD-1のフィッシュボーン。これまで2回、折れたことがありました。

1回目は駅のエスカレータの乗降時にどこかに当たって破損。
2回目は飛行機輪行で、空港の前で輪行袋から出したときにポッキリと折れていました。

問題は折りたたんだ時に、フィッシュボーンだけが飛び出ているため、移動中や倒れたりしたときに、何かに当たって大きな力がかかることが考えられます。
2011_0528_151620aa_s

そこでフィッシュボーンを防護する金具を取り付けました。
輪行コロの固定ネジを長くし、L字の金具を固定します。ただしフィッシュボーンと2,3mmの隙間がないと、外すことができなくなってしまうので位置の調整は必要です。
2011_0528_152654aa_s
2011_0528_152625aa_s

折りたたんだ時の状態です。
外側に押されたときに金具で防護するようにしています。内側に行ったときはエラストマにぶつかるので、気持ち程度は防護されているとは思います。
2011_0528_152815aa_s

もう少し先端までカバーできるようにして、安心して輪行できるようにしたいと思います。
まずは第1弾ということで。

| | コメント (0)
|

2011.05.14

BD-1輪行時のチェーン脱落防止(4)

この件は、チェーンリングをノーマルから小さいもの(44T)に変更しているため、折りたたみ時にチェーンが脱落しやすくなっていることからスタートしています。

BD-1輪行時のチェーン脱落防止」(2007.3)
BD-1輪行時のチェーン脱落防止(2)」(2007.7)
BD-1輪行時のチェーン脱落防止(3)」(2011.2)

前回までで折りたたみ状態はこのようになっています。チェーンリング全周にチェーンが巻きつくため、輪行中にチェーンが外れることはなくなりました。
2011_0514_094737aa_s

しかし、チェーンがにチェーンガイドにうまく掛からないで折りたたんでしまうと、チェーンが垂れ下がってしまい、この時にチェーンがループ状になってしまうと、元に戻すのが厄介で手をずいぶん汚したものです。
2011_0514_094835aa_s
2011_0514_094826aa_s

そんな訳でしばし考えていたのですが、よくよく見てみると、チェーンリング側で多く巻き込んでいるので、チェーンガイドがなくてもしっかりとチェーンにテンションが掛かっていることが分かりました。
2011_0514_095442aa_s

ただし、このままでは同じようにチェーンがループ状になることがあります。
2011_0514_095730aa_s

そこで、取り外したチェーンガイドの代わりに外れ防止の金具を付けました。
何回か折りたたみを繰り返しましたが今のところ問題はありません。チェーンガイドにチェーンが掛かったかどうかを気にする必要がなくなることで、今後は楽になると思います。
2011_0514_100417aa_s
2011_0514_100510aa_s

それにしてもプーリーが汚い。明日きれいにしよう。

| | コメント (0)
|

2011.02.26

BD-1輪行時のチェーン脱落防止(3)

久しぶりのBD-1ネタです。

2007年7月の、「BD-1 輪行時のチェーン脱落防止(2)」から、3年が過ぎて、その間にBD-1も2代目に代わりましたが、チェーン脱落防止対策を少し変更しました。

元はといえば、チェーンリングをノーマルから小さいもの(44T)に変更しているため、折りたたみの時にチェーンが脱落しやすくなっています。前回までに、ある程度は対策したのですが、結果的には折りたたみの時にチェーンがうまく収まらなかったり、輪行中にチェーンが外れたりと今一つでした。

そこで久しぶりに改良をしました。従来の対策としていたミノウラのスインググリップの先端から更に金具を継ぎ足し、タイオガのフロントバッグホルダーの部品を付けたものです。

2011_0226_152510aa_s
2011_0226_152525aa_s

これで従来よりもさらにチェーンテンションを掛けて、輪行時にチェーンが外れないようにしました。
増築に増築を重ねて見苦しくなっていますが、実用上は問題なく使えています。

2011_0226_152622aa_s
2011_0226_152646aa_s

| | コメント (0)
|

2010.04.20

輪行コロ Velocraftキャリアホイール化

輪行コロのホイールを変えました。

今のホイールは「輪行コロ ブロンプトンホイール化」で交換したもの、2006年4月に付けたので丸4年経ちました。これで何km転がしたのか分かりませんが、だいぶガタが来たので新しく購入することにしました。

しかし、「ブロンプトンホイール」の在庫のある店が見つからなかったので、いろいろと探したところ、これを見つけました。

「Velocraft キャリアホイール」

ブロンプトンホイールと互換性があるので、「Velocraft キャリアホイール 6mm」のシルバーとレッドを注文しました。


2個セットです。色が付いているのはは片側だけで、裏側は黒一色です。
2010_0418_122750aa_s
2010_0418_122758aa_s

ブロンプトンホイールと並べました。わずかに小さく薄くなっています。
2010_0418_144739aa_s
2010_0418_144818aa_s

交換はボルトとナットを数個バラしてすぐに交換完了。交換前後の様子です。
2010_0418_144331aa_s
2010_0418_145140aa_s

ねこBDはレッド。車体とホイールの色が良く合っています。
2010_0418_173130aa_s

| | コメント (2)
|

2010.01.26

BD-1(2代目)ミッドシップバッグ

BD-1(2代目)にミッドシップバッグを取り付けました。

2010_0124_105244aa1_s

□これまでの経緯
初代では「BD-1ミッドシップバッグその5」のように取り付けていたのですが、2代目のフレーム形状により、それまでの方法では取り付けることができなかったため、「BD-1(2代目)ミッドシップバッグ-暫定-」で対応していました。

しかしながら、工具と予備チューブ、ポンプで一杯になってしまい、以前のようにボトルやちょっとした小物を入れることができず、特に長期ツーリングでは不便を感じていました。

そんな時に、コメントでトップチューブバックの一例を紹介していただき、「なるほど」と思って再度、バッグとBD-1を眺めつつ取り付け方法を考えました。

□取付方法
バッグの前側は初代と同じくステンレス自在バンドで固定しましたが、後側の取付を変更しました。
「BD-1 TYPE-3 リアキャリア」取付用などに利用されるフレームの台座を利用し、フレームの幅+αの長さの棒ネジをフレームに通し、そこに棒ネジを通す穴をあけたバッグを被せるようにします。某ネジの先端がバッグの内部に出てくるので、蝶ナットで固定しました。
前後の固定でバッグを引っ張るようにしたため、フレーム形状に沿わずに取り付けることができ、後ろ側の固定箇所は外側からは見えないため以前に比べてスッキリとなりました。

□テスト
ひとまず完成したので、先日のしまださんのポタ参加に合わせて輪行の試験と1日の走行で、問題がないことを確認。再びミッドシップバッグが復活しました。

※さくまさんに質問されましたが、このバッグは手作りではなくて、市販の三脚ケースを利用しています。形がしっかりしていて、長さがハンドルポストとシートポストの間に入るサイズ(50cm位)の物を選びました。

| | コメント (1)
|

2009.12.23

BD-1(2代目)ミッドシップバッグ-暫定-

BD-1(2代目)ミッドシップバッグの中間報告です。

初代では「BD-1ミッドシップバッグその5」で充分利用できていたのですが、2代目のフレーム形状が微妙な曲線であるために、このまま取り付けることができず、いい方法はないかと迷っていました。

しかし、ここに搭載していたものをバッグに入れるのも大変なので、少なくとも工具だけは何とかしようと思い、ガラクタ箱の中から探し出して、間に合わせで作りました。

2009_1219_143852aa_s
2009_1219_143918aa_s

だいぶ前に使っていたボトルフォルダーを2個使って、水道用品のステンレスバンドで固定。中に工具一式、ポンプ、予備チューブを入れるとちょうど一杯の容量となり、形を整えています。

岡山鳥取ツーリングの前日に突貫で作りましたが、飛行機輪行、列車輪行ともこなして問題なく使えています。
でも、以前のようにもっと大きくして輪行袋やボトルも一緒に入れられればもっと便利なので、いいバッグ、いい改良案がないかと思案の日々です

| | コメント (2)
|

2009.12.22

輪行コロType-6B

二代目BD-1用の輪行コロType-6を改良してType-6Bを製作しました。

Type-6を作った時点で強度が足りないと思っていましたが、岡山鳥取ツーリングでまぎれもなく強度不足だったので、部品の構成を変更しました。

部品の締結を車輪の位置に持って行き、フレームに接続している3つの部品とコロ間を結ぶコの字型の金具で固定して、X,Y,Z軸すべてに強度を持たせるようにしました。

見た目は相変わらず良くないですが、(私の作ったものとしては)これまでにない強度で実用上は問題なく輪行しています。

2009_1219_s2

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧